アメリカFRB3月利上げ期待が大きく高まる!ドル円為替が113円台回復!

日本とアメリカ

アメリカのFRBの3月利上げ期待が急激に高まり、ドル円が昨日の111円台から113円台を回復しています。

スポンサードリンク

アメリカFRB3月利上げ期待が高まる

昨日の要人発言でウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁とダドリーNY連銀総裁が2人とも3月利上げを期待させる発言をしたことにより、FEDWatchの3月利上げ期待が、31%から62%に急上昇しました。

○FedWatch Tool
FedWatch Tool170301
参照:CME FedWatch Tool

グラフにもある通り、62%になっています。
1月には10%台だった3月の利上げ確率ですが、昨日の連銀総裁の相次いでの3月利上げへの言及で62%まで跳ね上がりました。

ただし、62%という確率はけっこう微妙で、過去には利上げされない場面も見受けられました。

3月利上げ期待が高まったことで、ドル円為替は、昨日の安値111円台から113円台に回復しています。

今日のドル円為替はトランプ大統領の議会証言を見極める展開になりますが、期待外れの内容だったとしても3月利上げ期待が押し上げ効果を持ち、110円を切るような極端な円高にはならないのではないかと予想します。

今週の経済イベント・要人発言 イエレンFRB議長の発言も

今週は、経済イベントが盛りだくさんで、今日の夜に米地区連銀経済報告、いわゆるベージュブックが発表されます。
連銀総裁は、かなりの利上げに言及している人が多いので、3月利上げに積極的な内容であれば、ドル円為替は上昇しそうです。

明日には米前週分新規失業保険申請件数が発表され、金曜日には2月ISM非製造業景況指数が発表され、イエレンFRB議長の発言があります。

経済指標を見極めながら、要人発言でかなり左右されるドル円相場になりそうです。

下値も上値も堅い111円から115円のレンジ相場の中で激しく上下しそうな1週間になりそうです。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください