DAX(ドイツ株価指数)の暴落予想(2018/8/17更新)

前回のDAX暴落から、 今日で
6
8
か月め
これまでのDAX暴落周期は
6
5
ヶ月(平均値)
次の暴落(平均周期)まで、あと

3ヶ月7

DAX暴落の判断指標 現在のデータ

15.05 (7/30更新)

DAX(ドイツ株価指数)は、VIX指数 (DAX New Volatility) が30を超えると暴落する傾向があると言われています。

「日経、6月は上昇相場になる?」AIが過去データからズバリ予想

DAX / VIX (DAX New Volatility) チャート

DAX(ドイツ株価指数)(日本時間2018-07-04更新)
12,317.61
+31.53(+0.26%)
スポンサードリンク
【勝率75%!】AIが“来月”の日経平均を予想する → 日経AI予想

DAX暴落の平均周期(ヒストリカルデータ)

147ヶ月
18ヶ月
65ヶ月
 

過去のデータ(1985年以降)を見ると、DAX(ドイツ株価指数)の暴落は、平均して6年5ヶ月ごとに起きています。
もっとも最近にDAXが暴落したのは「2011年株価大暴落」のときです。その前年となる2010年には「欧州ソブリン危機」と呼ばれる経済危機が発生していましたが、これがじわじわと影響を広げたことにより発生したのが、この2011年株価大暴落です。
2011年8月に起きたこの株価暴落に前後して、DAXは、わずか数カ月で、なんと-29.1%もの下落を起こしています。
この暴落の起点を2011年8月とし、またDAX暴落平均周期を6年5ヶ月とすると、次のDAX暴落は2018年1月周辺に始まると考えられます。
さらに、1985年以降のDAXは、-20%前後の大きな株価下落を数年スパンで起こしています。次のDAX暴落は、かなりの確率で、わりと近い未来に起こる、と考えられるでしょう。

5月は下落…6月の日経平均は、上昇?下落? → AI月末予想

DAX(ドイツ株価指数)過去の暴落の歴史

1973年
第一次オイルショック
1987年
ブラックマンデー
1990年
1990年世界景気後退
1998年
ロシア財政危機
2000年
ITバブル(.comバブル/インターネットバブル)崩壊
2008年
リーマン・ショック(世界同時金融危機)※10月24日、VIX指数(恐怖指数)最高値が89.53を記録
2011年
2011年株価大暴落

この30-40年ほどを振り返ると、DAX(ドイツ株価指数)は比較的短いスパンで大きな株価暴落が起こっていると言えます。
上記のリストには並べていませんが、2015年の8月にも比較的大きな下落(-19.8%)が起こっており、こうしたものを含めると、暴落周期はさらに短くなるとも考えられます。

DAX(ドイツ株価指数)最高値から最安値までの下落幅

発生年
暴落
最高値から最安値までの下落幅
1998年
ロシア財政危機
三ヶ月で -37% 下落
2000年
ITバブル崩壊
三年で -72% 下落
2008年
リーマンショック
一年で -50% 下落

今日のAI予想

日経平均 8/16

下落予想

22,039.04

NYダウ 8/16

上昇予想

25,240.23

ドル円 8/16

円安予想

110.84

日経平均予想ブログ»

PR:お勧めツール