【円安】今日(7月14日)ドル円為替予想!米長期金利上昇で円安!経済指標で下落か?

スポンサードリンク

今日のドル円為替相場は、現在は、113.4円前後で推移しています。

スポンサードリンク

昨日までのドル円相場の動き

7月14日のドル円為替チャート

昨日の東京市場は、イエレンFRB議長の利上げに慎重な姿勢を見せた議会証言の影響で円高ではじまりましたが、NY市場の株高を受け、日経平均先物が上昇するとそれにつられて113.5円まで上昇後、円を売る動きが活発になり、9時15分から下落して、112.9円まで円高が進みました。

年間損益率、+14%。来月の日経平均騰落AI予想 →こちら

ロンドン時間では、材料なく動意薄となり、112.9円から113.1円の間のの小幅な推移でした。

ほとんどの人は、株式投資の勝ち方を知らない。 →来月をAI予想

ニューヨーク時間に入ると、20時になると米長期金利が上昇し、112.9円台から113.4円まで上昇し、6月卸売物価指数(PPI)が予想外に上昇したこともあり、円安が進みました。
上院でのイエレンFRB議長の議会証言は、昨日とほぼ変わらず、影響はすくなかったです。その後、前週分新規失業保険申請件数 あどが弱い数字となり、若干円高に戻しました。

現在は、113.4円前後で推移しています。

スポンサードリンク

今日のドル円相場見通し

今日は、東京市場では、日経平均先物はNYダウの上昇で20円ほど上昇していますので、円安傾向で推移するものと思われます。
株価の動きにつられてドル円為替も動くと思われます。

夜は、米6月消費者物価指数(CPI)や6月小売売上高が発表されますので、重要指標ですので、注目です。
予想では、前月より増となると予想されていますが、予想を下回り、マイナスになるようだと、円高になりそうです。

今日のレンジは、112.9円~113.8円のレンジで動く可能性があると予想します。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

勝率、75%。来月の相場予想。→AI予想を見る

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です