【円安】今日(6月16日)ドル円為替予想!米指標好調で110円台後半に上昇!

スポンサードリンク

今日のドル円為替相場は、現在は、110.9円前後で推移しています。

スポンサードリンク

昨日までのドル円相場の動き

昨日の東京市場は、FOMCの利上げ後の水準を維持した狭いレンジでの値動きとなり、109.6円前後で動いていました。

利益確定のタイミングがわかるツール →

ロンドン時間も特に新しい材料がないことなどから、109.6円前後で上下していました。

勝率、75%。来月の相場予想。→AI予想を見る

ニューヨーク時間に入ると、6月ニューヨーク連銀製造業景気指数や6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が予想を上回り、新規失業保険申請件数が予想より減少し、堅調な労働市場を確認できたことから、110円台後半へ急騰し、110.9円台まで上昇しました。。

現在は、110.9円前後で推移しています。

スポンサードリンク

今日のドル円相場見通し

今日は、東京市場では、日銀金融政策決定会合がありますが、出口戦略への言及がなければ、サプライズもなく無風で終わりそうです。前日、急ピッチで上昇したことで110円後半での動きになりそうです。

夜は、米国で5月住宅着工件数などの建築関連と6月ミシガン大学消費者態度指数などの経済指標が発表されます。
昨日の景気指数をみると予想をうわ回る可能性も高く、111円台にドル円が上昇しそうです。

今日のレンジは、110.6円~111.5円のレンジで動く可能性があると予想します。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です