CATEGORY 基礎知識

スポンサードリンク

外国人投資家の買い動向、日経平均押し上げへの影響

なぜ、外国人投資家の売買動向は重要なのか 外国人投資家の動向が注目される理由、それは「日本株(現物)は7割が外国人によって、売買されているから」です。 国内市場は、外国人が売れば下落、外国人が買えば上昇という傾向が、20…

「ハロウィン効果」アノマリー/「10月末に買い」でリターンを出すには

10月に入る前後、株式投資の世界で毎年必ず話題になるアノマリー(投資の経験則、ことわざ)があります。それがハロウィン効果です。 「ハロウィン効果」アノマリーの内容と活用法 確たる裏付けはないものの、過去の株式相場では「よ…

【アノマリー】11月株高は本当?日経平均株価の十年間で検証してみた

株式投資の世界には、様々なアノマリー(格言・ことわざ)があります。その中でも特に有名なものの一つに、五月の相場が下げやすいという意味の「セル・イン・メイ(五月は売り)」というアノマリーがあります。 しかし実は、これには対…

高まる「終活」ニーズ、関連株は?

遺影を撮る、相続方法を学ぶ、果ては「自分の棺桶」に入ってみる…。 人生の最期を自分で準備する「終活」が、いま一大市場を築いています。 今後は、今の日本の総人口の一角を担う団塊世代が、相次いで「終活市場」へ流れ込むのではな…

一番やさしい!「米利上げ/ドル安」と「低長期金利」、なんでこうなるの?

米では短期金利の利上げが発表されています。短期金利が上がるとと通貨価値も上がる、つまり、米利上げ→ドル高、と一般的には説明されますが、このところは米利上げもドル下落と報じられています。これは、どうしてなのでしょうか。 ま…

【今月末は?】月末安/月初高アノマリーの使い方(TOM効果)

株式投資の世界でよく語られるアノマリー(格言のようなもの)で、「月末安・月初高」というものがあります。 月末は手仕舞い売り(利益確定)から株安、月の始めは資産の入れ替えで買いから株高、というのが、「月末安・月初高」のおお…

【アノマリー】「月曜株安」は本当?日経平均を調査した結果は意外にも…

「アンラッキーセブン」や「夏枯れ相場」、「彼岸底」など、完全に解明されていはいないが、実際そうなることが多いという、投資の格言のようなものを、「アノマリー」と呼びます。 アノマリーは月(一月、二月・・・)に応じたものが多…

【17年下半期】「彼岸底」で株価下落?/九月のアノマリー

2017年8月は、それまで続いて来たレンジ相場から一気に日経平均株価が下がりました。 直接的な原因は北朝鮮リスクの高まりなどが見られますが、この年に限らず、8月という月は、株価が下がる月とよく言われます。(八月株安) こ…

【初心者向け】北朝鮮リスク減も「午後下げ」なぜ?/一日の株価推移を読み解こう

15日は、米国が、北朝鮮との関係を「(武力ではなく)外交で解決」する意向との報道を受け、北朝鮮リスクは低減、それにより、前場の日経平均は一時19800円を超えるほど上げました。 しかし、後場には上値重く、結局終値は前日比…

スポンサードリンク