日経平均株価 AI予想

日経平均株価 AI予想トップ > 株価暴落予想と変動要因 > 株価暴落の予想材料と歴史 > NYダウ平均株価の暴落予想

NYダウ平均株価の暴落予想(2017/9/26更新)

スポンサードリンク
前回のNYダウ暴落から、今日で
8
11
か月め
これまでの暴落周期は
10
6
ヶ月(平均値)
次の暴落(平均周期)まで、あと

NYダウ暴落の判断指標

20.45 (9/22更新)
9.59 (9/22更新)

NYダウの暴落した時期としてPERが20を超える、またはVIX指数が30を超えると暴落しています。

日経株価2万を超えた後は、買い時?売り時?

NYダウ・VIXチャート

NYダウ(日本時間2017-09-06 17:40:02更新)
21,807.64
+140.46(+0.64%)
スポンサードリンク
暴落が来ても慌てない →買い時・売り時を知り賢く投資

NYダウヒストリカルデータ

NYダウの過去データ(1985年~)からNYダウ暴落の周期をみていきます。過去の暴落平均周期は10年5か月できています。2008年のリーマンショックから平均の10年5か月後だと、2018年周辺に下落してくることになります。しかし、下落周期が縮まっていることから次の暴落は10年以内に来る確率が高いのではないでしょうか。

13
8
10.5
 
スポンサードリンク
「日経2万円超えたけど、今は割安?」買い時、売り時を判断!

NYダウ過去の暴落の歴史

過去30年でNYダウの暴落は、1987年のブラックマンデー、2001年のITバブル崩壊、2008年のリーマンショックの3つでしょう。ITバブル崩壊は2000年に最高値を付けていますので、2000年という説もあります。

1929年
世界恐慌
2007年
米不動産バブル崩壊(サブプライムローン問題)
2008年
リーマンショック(世界同時金融危機)
(10月24日恐怖指数であるVIX指数の最高値が89.53まで上昇)
2014年
FRBが量的緩和政策を終了
2015年
12月FRBが政策金利を0.25%⇒0.5%へ利上げ

NYダウ最高値から最安値までの下落幅

期間
暴落
最高値から最安値までの下落幅
1987年
ブラックマンデー
-36%
2001年
ITバブル崩壊
-38%
2008年
リーマンショック
-53%
スポンサードリンク

NYダウ「最高値から最安値までの期間」と「最高値と同じ価格に戻るまでの期間」

急激に下落した暴落ほど戻るのも早い期間で戻っていることが分かります。

期間
暴落
最高値から最安値までの期間
最高値と同じ価格に戻るまでの期間
1987年
ブラックマンデー
2ヶ月
2年
2001年
ITバブル崩壊
2年9か月
6年2か月
2008年
リーマンショック
1年6か月
5年4か月

NYダウ関連ニュース

Copyright(c) All Rights Reserved.