日経平均(日経平均株価)とは/投資初心者のための基礎知識

スポンサードリンク

「日経平均株価」もしくは「日経平均」という言葉を、一度は聞いたことがあるはずです。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

しかし、その中身が何か、日経平均をどのように利用すればよいか、はっきりわかっていない個人投資家は、意外と少なくありません。

日経平均は、日本経済新聞社によって決められる、日本を代表する225社の株価の平均値です。
日経平均の推移を見ることにより、日本全体の株式市場が上向きか下向きか(=相場の景気がいいか悪いか)を判断することができます。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら

日経平均株価、などというと難しそうですが、基本的には「日経平均が上がっているぞ。世の中景気がいいみたいだな」とか「下がってるから景気は下向きだな」といった使い方でかまいません。

スポンサードリンク

日経平均/日経平均株価とは

日経平均の数値は、トヨタ、NTT、日立、三菱UFJ銀行など、安定していて規模が大きい225社を、東証一部上場の全銘柄からピックアップし、その株価全体の平均値から出されています。

この225社は、日経平均採用銘柄225社、あるいは日経225などと呼ばれます。

日経225に採用される銘柄の選出

日経平均に組み入れられる銘柄の225社は、毎年少しずつ入れ替えられます。
日経平均225社に組み入れられる会社の条件は、その信用力の高さ、あるいは流動性です。

信用力とは、発行会社の経営や事業が安定しているかどうか、と言い換えられます。
長期的に安定した経営が見込まれ、投資家が安心して保有できそうな銘柄は、信用力が高くなります。

流動性とは、銘柄が売買される頻度や量のことです。
上述の「信用力」が高い銘柄は、みんなが買いたいと思うことから、売買の頻度もしくは量が大きくなります。つまり、信用力が高い銘柄は流動性も高い傾向にあるのです。

日経225は毎年入れ替わる

日経平均の算出は1970年に始まり、すでに50年近くの歴史があります。
とはいえ、その中身は毎年すこしずつ入れ替わっています。

日経平均というと、製造大手や銀行といった歴史ある会社の銘柄が名前を連ねている印象がありますが、たとえば2017年6月現在では、楽天、ヤフー、DeNAといった比較的歴史の新しい会社も組み入れられています。

こうした採用銘柄の入れ替えに応じ、日経平均も都度大小の変動を示します。
例えば2000年4月の入れ替えでは、日経平均が2000円前後も下落したこともあります。

値段はこうしてきめられる

日経「平均」というと、日経225銘柄の現在株価を単に平均した数字かな?と思う方も多いでしょう。しかし、日経225の中にも株価が元々高い銘柄と低い銘柄があり、単にそれらの平均値を求めるだけでは、一株あたりの株価が高い銘柄の値動きがより大きく影響し、株価の低い銘柄の値動きがほとんど反映されない、という事態になってしまいます。

そのため日経平均では、すべての銘柄の株価を同じ基準に「馴らして」から合算した数字を225で割った数字を用いています。

スポンサードリンク

日経平均の利用方法

冒頭で述べた通り、日経平均は基本的に、日本の株式相場の景気を判断する材料として使われています。こうしたデータを「株価指数」または「株価指標」といいます。

指標を英語でインデックス(Index)というために、日経平均が「日経インデックス」と呼ばれることもあります。

株価指数としての日経平均

株価指数、つまり「景気をはかるバロメーター」として日経平均を利用している「最大のユーザー」は日本国政府と言えるでしょう。

日経平均は、民間企業により作成される指標でありながら、最もわかりやすく知名度のある株価指数(株式指標)であることから、日本国政府の経済統計にも活用されています。たとえば日経平均が上がると国内の景気が活気づいてきたとか、下がると日本経済に危機感がよぎるとか、そういった判断に用いられます。

なお、国内の代表的な株価指数としてもう一つ、東証株価指数(TOPIX)というものも存在します。こちらは、日経平均の様々な欠点を克服するために、より緻密な計算に基づいて算出される、東京証券取引所(東証)が作成している経済指標です。

TOPIXは、日経平均よりもいくつかの面で優れていますが、表示や形式が幾分わかりにくいため、一般的には日経平均のほうがより広く使われています。

海外の投資家にとっての日経平均

海外から見ても、日経平均は優れた株価指標として利用されています。ただし、日経平均の欠点を補ったTOPIXのほうが、海外の投資家には重宝されている、とも言われています。

なお、海外にも、日経平均のような株価指数が存在します。
たとえば、アメリカのダウ平均(ダウ工業株30種平均、ニューヨークダウとも)や、S&P500、イギリスのFTSE100、ドイツのDAX、フランスのCAC40などです。

各国のこうした株価指数は、ときに連動することがあります。
たとえば、ダウ平均が上がると、投資家の楽観から日経平均も連動して上がる、といったケースがしばしば見られます。しかし、それぞれが必ずしも連動するとは限りません。似た動きを示すことがあっても、いずれも、別々の国で別々の株式銘柄から作成される、個別の株式指数です。

日経平均と投資信託(ファンド)

日経平均のもととなる日経225は、安定していて規模の大きい東証一部上場会社が選ばれる、と説明しました。ということは、売買差額で利益を上げたい際には、日経225に選ばれた銘柄のいずれかを買えばいいのでは、と思うかもしれません。

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら

しかし実際は、各銘柄の株価はランダムに動き、一定期間で必ず値上がり益を得られるとは限りません。そのため、日経225だからといって投資初心者でも気軽にどれか選んで買えばいいのかというと、そうとは言えないのです。

しかし、そうした個別買いのリスクを克服し、初心者でも比較的安心して日経225に投資できる方法があります。それが、インデックス投資信託(インデックス投信/インデックスファンド)です。

これは、私たち個人投資家が少しずつ資金を出し合って、その資金をまとめて証券会社に管理してもらい、その資金をもとに証券会社の中のプロの投資家(ファンド・マネージャー)が、インデックス株銘柄の投資運用を行ってくれる、というものです。もちろん、利益が出たら、あなたが出した資金の割合に応じて利益が分配されます。

インデックス投信を活用することにより、私たち個人投資家は、比較的少ない資金で、日経平均225などの安定したインデックス株を運用することができ、比較的安定した運用利益を上げることができます。

ただし、インデックス投信では、日経平均などの市場平均値を上回るような莫大な利益は期待できません。日経平均の構成と同じような銘柄を購入することになるため、値動きも日経平均とほぼ同じものとなります。個別株や新興株のような激しい値動きは、インデックス投信では見られないため、どちらかというと積み立てなどの長期的な運用で利益を出していく方法に向いています。

日経平均とETF

インデックス投信と似たものに、ETF(上場投資信託)というものもあります。

初期コストや手間の面で、投資家の負担がいくらか増しますが、運用中のコストを節約したり、利幅を高めることができるなど、数々の利点があります。

こちらも、個人投資家にはおすすめの投資方法ですが、くわしい説明は別の機会に譲ります。

まとめ:株式指標/ファンド銘柄としての日経平均

このように、日経平均は、日本国内市場の景気をはかる株式指標としての役割のほか、ファンド長期積み立てなどの投資方法とも密接に関わっています。

ここまで理解できれば、投資の初心者であっても、これから日経平均を見て「今は上り調子だな」とか「ファンドの始め時だな」といった判断の助けにできるはずです。

日経平均の推移予測は、チャート分析を参考にすることもできます。
まずは日経平均チャートを見て投資イメージを作ってみるのもよいでしょう。
日経平均株価ロボ予想(前日終値からの上昇下落を予想)

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です