ポンド円見通し:200EMA意識 レンジ上限から反落進むか

スポンサードリンク

ポンド円見通し:200EMA意識しレンジ上限から反落進むか

26日 12:00更新

直近のポンド円は、昨年4月20日168.43円、6月9日168.72円、6月22日167.85円、9月13日167.94円により、168円台で天井が形成されました。しかしトラス前政権の経済対策発表後に急落し、9月26日には148.63円まで下落しています。ただし“往って来い”で値を戻し、10月31日に172.19円(昨年の高値)まで上昇しました。そして164~169円台のレンジ形成後に下落が進み、1月3日の155.35円が直近安値です。その後は155~161円台でのレンジが続いており、1月後半にはレンジ上限付近に取り付きました。本日26日は160円台半ばで取引されています。

レンジを上方突破して昨年の高値圏である168円に向かうのか、レンジ下限の1月安値155.35円を割れて節目価格150円目指すのか、今後の展開が注目されます。

↓↓↓
ポンド円とドル円、プロが注目するFX通貨の高値安値メドは?

レンジ上限からの反落観測(↓)

現在のポンド円は、昨年12月後半から155~161円台でのレンジ取引が継続中です。そして1月後半に入り、レンジ上限に取り付きました。なお、レンジ上限付近には、200EMA(200日移動平均線)もあり、上値を抑えています。

レンジ上限及び200EMAの存在を背景に、160~161円付近で反落することで、中期的にポンド円は下落する(↓)可能性があります。

↓↓↓
ポンド円とドル円はどうなる?今日の重要予想材料は?

スポンサーリンク

主要国のなかで相対的に弱い英経済を嫌気(↓)

コロナ禍の後、各国で経済の再稼働がスタートしました。ユーロ圏などは、暖冬にも後押しされ予想以上の経済回復を見せています。そのなかで、イギリスはインフレ長期化やデモの影響などで、経済回復が遅れている状態です。

主要国のなかで相対的に弱い英経済が嫌気され、ポンドが売られることで中期的にポンド円は下落する(↓)可能性があります。

↓↓↓
FX市場を見渡せ!今日プロが注目の通貨ペアは?

スポンサーリンク

英日長期金利差の底値圏からの拡大観測(↑)

英日長期金利差は、昨年11月半ばの水準が底値圏として機能しています。12月後半にかけて上昇したものの、1月後半には再び底値圏に戻りました。

ポンド円の上昇圧力となる英日長期金利差の底値圏からの反発発生を契機に、短期的にポンド円は上昇する(↑)可能性があります。

↓↓↓
ポンド円?ドル円?プロ注目の通貨と高値安値メドは?

スポンサーリンク

支持抵抗ライン

ポンド円は、10月31日の172.19円が昨年の高値です。その後は、若干下落した164~169円台でレンジ相場が続きました。しかし12月20日の急落後は下落が進み、1月3日の155.35円が直近安値です。以降は155~161円台でレンジ取引が続いており、後半にはレンジ上限付近に取り付きました。本日26日は160円台半ばで取引されています。

160円台半ばには、ピボットポイントS1~S3が159.92~160.27円に存在します。また5~20EMAが160.31~160.46円にあり、テクニカル的な節目が160.2~160.3円台の水準で近接しています。

テクニカル的な節目が近接する160.2~160.3円台の水準が支持帯となり反発するのか、という点が今後の焦点となります。

↓↓↓
プロ注目のFX通貨とレジサポラインは?詳細解説はこちら

スポンサーリンク

ポンド円予想 関連経済イベント

1日(水) 1月製造業購買担当者景気指数(PMI)
2日(木) イングランド銀行(BOE)・金利発表他
3日(金) 1月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)

6日(月) ベイリーBOE総裁・発言、1月建設業購買担当者景気指数(PMI)
10日(金) 10-12月四半期国内総生産(GDP)他、12月鉱工業生産・製造業生産指数

14日(火) 1月失業率他
15日(水) 1月消費者物価指数(CPI)
17日(金) 1月小売売上高

↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください