ポンド円見通し:英株の急回復とともに反発続くか

スポンサードリンク

ポンド円見通し:英株の急回復とともに反発続くか

26日 12:30更新

直近のポンド円は10月20日の158.21円が昨年の最高値となった後、一時的な下落はありながら157~158円台で高値圏を形成しました。しかし本年3月8日の150.97円からの上昇により、4月20日の168.43円が年初来高値となっています。その後は下落に転じ節目価格の160円も割れて、5月12日の155.58円が直近安値となりました。ただし反発して160円を前後する状態であり、本日26日は160円台前半で取引されています。

このまま反発が続き年初来高値168.43円を目指すのか、再度下落が進み直近安値155.58円を割れて3月安値150.97円を目指すのか、今後の展開が注目されます。

↓↓↓
ポンド円とドル円、プロが注目するFX通貨の高値安値メドは?

英株価指数FTSE100の高値圏への回復(↑)

英株価指数FTSE100は4月後半から下落を開始したものの、本格下落には至らず5月半ばから反発しています。大きな反発を見せており、4月初旬の水準まで回復を見せました。

ポンドの値動きに影響を与える英株価指数FTSE100の高値圏への回復を背景に、ポンドが買われることで短期的にポンド円も上昇する(↑)可能性があります。

↓↓↓
ポンド円とドル円はどうなる?今日の重要予想材料は?

スポンサーリンク

保守党の地方選での敗北による政治混乱の発生を嫌気(↓)

与党保守党は5月5日に行われた統一地方選で敗北しました。敗北を受けて、保守党内ではジョンソン首相の責任を問う声が大きくなりつつあります。

地方選における与党保守党の敗北を契機にジョンソン首相の求心力低下などの政治混乱発生が嫌気され、中期的にポンドが売られポンド円も下落する(↓)可能性があります。

↓↓↓
FX市場を見渡せ!今日プロが注目の通貨ペアは?

スポンサーリンク

ポンドドルのV字での反発継続(↑)

昨年5月を天井に下落トレンドの中にあるポンドドルが5月13日を底に反発を見せており、V字での上昇を続けています。

ポンド円の値動きに影響を与えるポンドドルのV字での反発を背景に、短期的にポンド円は上昇する(↑)可能性があります。

↓↓↓
ポンド円?ドル円?プロ注目の通貨と高値安値メドは?

スポンサーリンク

支持抵抗ライン

ポンド円は4月20日の168.43円が年初来高値です。しかしその後は下落が続いており、5月12日の155.58円が直近安値となりました。ただし反発して160円を前後する展開が継続中です。本日26日は160円台前半で取引されています。

160円台前半にはピボットポイントS1~S3が159.76~160.14円に存在します。また10~20EMAが159.74~160.32円にあり、テクニカル的な節目が159.7~160.1円台の水準で重なっています。

テクニカル的な節目が重なる159.7~160.1円台の水準が支持帯となり反発するのか、という点が今後の焦点となります。

↓↓↓
プロ注目のFX通貨とレジサポラインは?詳細解説はこちら

スポンサーリンク

ポンド円予想 関連経済イベント

2日(木) 休場
3日(金) 休場

7日(火) 5月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
8日(水) 5月建設業購買担当者景気指数(PMI)

13日(月) 4月月次国内総生産(GDP)、4月鉱工業生産
14日(火) 5月失業率他
16日(木) イングランド銀行(BOE)金利発表他
17日(金) 5月小売売上高

↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください