2017年8月

米政府閉鎖危機と円高の関係

日本とアメリカ

トランプ大統領が「メキシコの国境の壁は政府閉鎖しても作る」と発言して、一転して危機感型漂い出した米政府の閉鎖危機ですが、ドル円為替とどのような関係になるか見てみましょう。 米政府閉鎖危機とは 米政府の閉鎖とは、米国の債務…

高まる「終活」ニーズ、関連株は?

遺影を撮る、相続方法を学ぶ、果ては「自分の棺桶」に入ってみる…。 人生の最期を自分で準備する「終活」が、いま一大市場を築いています。 今後は、今の日本の総人口の一角を担う団塊世代が、相次いで「終活市場」へ流れ込むのではな…

一番やさしい!「米利上げ/ドル安」と「低長期金利」、なんでこうなるの?

米では短期金利の利上げが発表されています。短期金利が上がると通貨価値も上がる、つまり、米利上げ→ドル高、と一般的には説明されますが、このところは米利上げもドル下落と報じられています。これは、どうしてなのでしょうか。 また…

2017年ジャクソンホール会議の日程と日本時間-ドル円為替への影響は?

来月の日経平均予想

毎年8月下旬ごろに米ワイオミング州で開催される通称「ジャクソンホール会議」が今年も開催されます。 ドラギECB総裁が講演を行うなど注目されているジャクソンホール会議の日程と日本時間とドル円為替への影響を考察します。 ジャ…

【今月末は?】月末安/月初高アノマリーの使い方(TOM効果)

株式投資の世界でよく語られるアノマリー(格言のようなもの)で、「月末安・月初高」というものがあります。 月末は手仕舞い売り(利益確定)から株安、月の始めは資産の入れ替えで買いから株高、というのが、「月末安・月初高」のおお…

【アノマリー】「10月株安」は本当? /日経平均株価で検証してみた

10月には株価が下がる、という「10月株安」もしくは「10月効果」と呼ばれるアノマリーがあります。 主に米株式市場の歴史が起源となった格言のようなものですが、はたして国内株には当てはまるのでしょうか?今世紀に入ってからの…

【アノマリー】「月曜株安」は本当?日経平均を調査した結果は意外にも…

「アンラッキーセブン」や「夏枯れ相場」、「彼岸底」など、完全に解明されていはいないが、実際そうなることが多いという、投資の格言のようなものを、「アノマリー」と呼びます。 アノマリーは月(一月、二月・・・)に応じたものが多…