2018年ジャクソンホール会議の日程と日本時間-ドル円為替への影響は?

2018年ジャクソンホール会議の日程と日本時間-ドル円為替への影響は?

毎年8月下旬ごろに米ワイオミング州で開催される通称「ジャクソンホール会議」が今年も開催されます。
ジャクソンホール会議は、日米欧の中央銀行総裁がディスカッションや公演をするなど、金融・為替の分野での注目度が高いイベントです。
ジャクソンホール会議の日程と日本時間とドル円為替への影響を考察します。

スポンサードリンク

2018年 ジャクソンホール会議の日程と日本時間

ジャクソンホール会議とは、前回の2017年の日程の記事でも書きましたが、カンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムで「Jackson Hole Economic Policy Symposium」が正式名称で「ジャクソンホール経済政策シンポジウム」と言うものです。
毎年8月下旬ごろに米ワイオミング州のジャクソンホールで開かれることから、通称「ジャクソンホール会議」と呼ばれています。
1978年以来毎年開かれていて、主要国の中央銀行の総裁や幹部、財務担当者や経済学者などが参加して経済政策をディスカッションするシンポジウムですので、今後の世界的な金融政策の流れを知ることができるイベントです。

2018年のジャクソンホール会議の日程と開催時間は発表されていますが、時間別のスケジュール未発表です。

ジャクソンホール会議の現地時間と日本時間の日程は、

現地時間:8月23日(木)午後6時~8月25日(土)午後2時
日本時間:8月24日(金)午前9時~8月27日(日)午前5時

となっております。

2017年は、イエレンFRB議長の公演が、現地時間の8月25日金曜日午前8時からあり、ドラギECB総裁の公演が、25日午後1時からありました。
ジャクソンホール会議は、例年、真ん中の日に重要な公演やディスカッションがある傾向にあります。
2018年で言えば、現地時間の8月24日、日本時間は24日の夜から25日の早朝にかけてとなります。

今年の議題は、 “Changing Market Structure and Implications for Monetary Policy,”「市場構造の変化と金融政策への含意」というものになっています。

参考:カンザスシティー連銀HP Economic Policy Symposium Proceedings

2018年ジャクソンホール会議のスケジュール

2018年のジャクソンホール会議の進行スケジュールですが、まだ発表になっていませんので、参考に2017年のスケジュールを載せておきます。
2018年のスケジュールは、発表後に追記致します。

○2017年ジャクソンホール会議スケジュール
2017年8月24日木曜日
午後6時 オープニングレセプションとディナー
ホスト: エスターエルジョージ
社長兼最高経営責任者
カンザスシティ連邦準備銀行
2017年8月25日金曜日
司会者: スーザン・M・コリンズ
ジェラルド・R・フォード公共政策大学院元学長
ミシガン大学 
午前8時 開会の挨拶
ジャネット・L・イエレン| Janet L. Yellen
司会者
連邦準備制度理事会 
午前8時30分 ビジネスダイナミズムの醸成と競争市場の確保
著者: チャンタイ・ハイシエ | 紙
教授
シカゴ大学
ピートクレノー  | 紙
教授
スタンフォード大学
討論者:  Gita Gopinath 
教授 
ハーバード大学
午前9時05分 一般的なディスカッション
午前9時55分 所得格差と国際貿易の流通形態 
著者: ニーナ・パブニク 
教授
ダートマスカレッジ
討論者:  デビッド・ドーン | David Dorn
教授
チューリッヒ大学
午前10時30分 一般的なディスカッション
午前10時55分 国際貿易の変化する景観に関するパネル 
パネリスト: アンE.ハリソン
教授
ペンシルバニア大学
キャサリン・L・マン
チーフエコノミスト
経済協力開発機構 
ピーター・K・ショット
教授  
イェール大学 
ジョン・ヴァン・リーネン  |  John Van Reenen
教授 
マサチューセッツ工科大学
午前11時55分 一般的なディスカッション  
午後1時  ランチョン住所 
マリオドラギ
大統領
欧州中央銀行
午後2時 閉会
2017年8月26日土曜日
司会者: ランダルS.クロズナー
教授
シカゴ大学
午前8時 長期的な財政刺激と長期的な持続可能性のバランスをとる
著者: Alan J. Auerbach
教授
カリフォルニア大学バークレー校
ユリ・ゴロディニェンコ |  Yuriy Gorodnichenko
教授
カリフォルニア大学バークレー校
討論者: ジェイソン・ファーマン  | Jason Furman
教授
ハーバード大学 
午前8時35分 一般的なディスカッション
午前9時 バランスのとれたグローバル成長の達成
著者: Menzie Chinn
教授
ウィスコンシン大学 
討論者: Maurice Obstfeld 
経済カウンセラー
国際通貨基金
午前10時 一般的なディスカッション
午前10時25分 概要パネル
パネリスト: ノーマン・チャン
最高経営責任者
香港通貨当局
ティモシー・J・ケホー |  Timothy J. Kehoe
教授
ミネソタ大学
Carmen M. Reinhart
教授
ハーバード大学
午前11時25分 一般的なディスカッション
午後2時 閉会
スポンサードリンク

2018年のジャクソンホール会議の注目点とドル円為替への影響

今の所、2018年のジャクソンホール会議の出席者は発表されていませんので、誰が出るかわかりませんが、今年からFRB議長になったパウエルFRB議長は、出席するものと思われます。
個人的予想ですが、日銀の黒田総裁も出席するのではないでしょうか。

「市場構造の変化と金融政策への含意」という主題ですので、市場構造が変化して金融政策を変更している米国と日本の中央銀行総裁は、出席してもおかしくありません。
欧州のドラギECB総裁もテーパリングについて踏み込んだ話題をサプライズで提供する可能性もありますが、昨年3年ぶりに出席sたことで、今年は出席しない可能性が高いのではないでしょうか。

2018年の注目点は、米国のパウエルFRB議長の公演があれば、今年の利上げに関してはコンセンサスができていますが、来年の利上げがいつまでに何回行われるかのヒントになるような発言があるかどうかが注目です。
これによって、米長期金利が動く可能性があり、つられてドル円為替にも影響が出てきそうです。

日本の黒田総裁が出る場合は、出口戦略について聞かれる可能性があり、リップサービスで踏み込んだ発言をする可能性があります。
以前も海外のシンポジウムで金融緩和の副作用について話したこともあり、海外ではリップサービスで日本では話していない内容の発言をする可能性があります。

ドル円為替への影響は、2016年が1円ほど円安に、2017年は、ほぼ影響なしとなっています。

2018年は、今までの発言の確認となりそうですので、あまり影響はなさそうですが、黒田日銀総裁が公演を行うのであれば、金融緩和縮小の話題が出ると思われますので、円高に動く可能性が大きいのではないでしょうか。

ジャクソンホール会議で円高になり、その後9月のFOMCに向けて円安に戻っていくというシナリオを予想します。

ドル円為替予想→

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です