日経平均約21年ぶりの高値更新!その後の日経平均の見通しを予想する

日経平均約21年ぶりの高値更新!今後の見通しは?

日経平均が本日11日に約21年ぶりの高値更新となり、アベノミクスの最高値となりました。
過去の最高値更新の時の事例から、今後の日経平均の見通しを予想してみましょう。

スポンサードリンク

日経平均が約21年ぶりの高値

日経平均が、本日約21年ぶりの高値となり、アベノミクス開始以来の最高値を記録しています。

〇日経平均チャート
10月11日日経平均最高値更新チャート

日経平均が、11日終値が、20,881.27円(+57.76円) (+0.28%)とアベノミクス始まって以来の最高値をになりました。

アベノミクス開始前だと1996年までさかのぼらないと高値がなく、1996年は、2万2000円台が最高値となっています。

これから日経平均は、1996年の2万2000円台の最高値を目指して上昇するのでしょうか?

友だち追加

スポンサードリンク

日経平均の今後の見通しは?

日経平均の今後の見通しはどうなるのでしょうか?

話題に上っている約21年前の1996年の時と比べてどうなるかを見てみましょう。

1996年も1994年の高値を2年ぶりに更新した年でした。

〇1994年から1996年の日経平均チャート
日経平均1994年から1996年のチャート

1994年6月13日の高値21553円を1996年4月1日21560円で更新しています。

その1か月後の4月26日に22235円と一度高値を付けていて、その後に一度下げてから、2か月後の6月26日に22667円の最高値になっています。

〇2015年から2017年の日経平均チャート
日経平均2015年から2017年のチャート

今回は、2015年6月24日20868.03円のアベノミクス後の高値を付けてから、1年半ほど下落して、トランプラリーで上昇してから、2017年10月11日20,881.27円と高値を更新しました。

2つのチャートの形は、価格も近く、形も似ています。

2つのチャートを重ね合わせてみてみましょう。

〇日経平均の1994年から1996年と2015年から2017年の重ね合わせチャート
日経平均1994年から1996年と2015年から2017年の重ね合わせチャート

2年までの高値の時期も似ていて、2年後にその高値を更新したこともよく似ている期間です。

1994年から1996年と同じように今回の日経平均も動くとすると、今後の日経平均の見通しは、

1、11月初旬に一度高値を付ける
2、その後5%程度下落する
3、2か月後の2017年年末から2018年年初にかけて最高値を付ける
4、その後、調整に入る

という流れになりそうです。

1996年の時と700円程度違うことから、最高値は、2万2000円前後になりそうです。

11月初旬までは、衆議院選挙と企業の決算発表があり、選挙相場と企業の好業績期待から上昇傾向が続き、2万1000円を超えると思われます。

その後、一度、下落してから、年末にかけて、さらに上昇して、2万2000円を目指す展開になると予想します。

友だち追加

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です