【株価暴落】ついに逆イールド!米長短金利逆転でNYダウ暴落 今年最大の下落幅で日経平均も大幅下落か

暴落

米国で長短金利が逆転し、逆イールドとなり、NYダウが800ドル下落しました。
日経平均も影響を受け、大幅下落で始まりそうです。

スポンサードリンク

ついに逆イールド!米長短金利逆転でNYダウ暴落

8月15日米国逆イールド

米国で2年国債と10年国債の利回りが逆転する「逆イールド」現象が起き、NYダウが暴落しました。

2007年以来、はじめて米国の2年国債と10年国債の利回りが一時逆転し、10年国債利回りが下回ったことで株安が大きく進みました。
NYダウは、今年最大の下げとなり、800ドルの下落、S&P500とナスダックも約3%の大幅下落となりました。
長短金利逆転のため、米国では、銀行株が売られて、一時5%安となる場面も見られました。

現在(9:00)の米国債利回りは、2年国債が1.58%、10年国債が1.59%とかろうじて逆イールドは解消されています。

「逆イールド」が起こると景気後退になると言われており、過去40年間で景気後退(リセッション)に先立ち、必ず逆イールドが発生しています。
1966年~1967年に発生した逆イールドでは景気後退にならなかったため、逆イールドになると必ず景気後退(リセッション)になるわけではありませんが、さきほどの1回を除きほぼ確実に景気後退(リセッション)になるので、警戒が必要となります。

日経平均の終値予想とレンジ予想がなぜそうなっているか解説する有料レポートはこちら
https://nikkeiyosoku.com/mailmagazine_nikkei/?blog-paidreport

世界景気後退懸念で日経平均も大幅下落

8月15日日経平均チャート大幅下落

日経平均も寄り付きから大幅下落となっております。
NYダウの暴落の影響から、投資家心理が弱気に傾き、ヘッジファンドなどが先物に売りを出しているようです。

始値20,324.25円と昨日より300円以上安く始まりました、その後も下落を続けており、現時点(9:25)で2万232.17円-422.96円(-2.05%)と下げ幅が400円を超えています。

逆イールドで長短金利逆転したことで銀行株が売られており、三菱UFJなどが安くなっています。
さらにナスダックが3%以上下落したことで、ファナックなどハイテク株も売られている状況です。

株価の下落の割にはドル円為替が円高に進まないので、節目の2万円はキープすると思われますが、今後も下値を探る展開になりそうです。

日経平均の終値予想とレンジ予想がなぜそうなっているか解説する有料レポートはこちら
https://nikkeiyosoku.com/mailmagazine_nikkei/?blog-paidreport

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください