【14日 ドル円予想とその根拠】対中追加関税延期と米輸入物価指数

スポンサードリンク

今日14日のレンジ予想と根拠 サマリー

アナリスト7名による今日のドル円レンジ予想を当社独自集計した結果、平均値は105.96 – 107.18(7社平均)となりました。

主な材料としては、対中追加関税の延期報道今夜の米輸入物価指数の事前予想などが注目されています。

対中追加関税延期報道と今日のドル円予想

きのう、米が9月1日に予定していた対中追加関税第四弾に関して、一部品目への発動を延期したとの報道が流れ、市場では楽観ムードが台頭、レートは一時107円付近まで上昇しました。

この報道の影響が、今日の相場にも引き続き影響するものとして、複数のアナリストが材料視しています。

米中対立へのリスクオフ和らぎは継続するか

このところの急激な円高進行の発端となっていた対中追加関税第四弾ですが、こちらが一部延期され、また事前に米中が電話会談を行っていたとの報道も出ていたことで、米中貿易戦争にからんだリスクオフ心理が一時後退し、ドル買いの動きが急激に進んだものとされています。

今日のアナリスト予想を見渡すと、この一連の報道が支え(円安圧力)とするアナリストが複数見られた一方で、しかしこのドル買いの流れが一時的に過ぎず、結局ドル売り・円高の流れに回帰する、との見解も複数見られています。

追加関税延期を支えとするアナリストと重しとするアナリストでは、これまでのドル円レンジ予想の勝率に差があり、本日の有料レポートでは、より予想勝率の高いアナリストが主張した見解の方を、より優勢な予想として解説しています。

→追加関税延期が支えか重しか、アナリスト勝率を加味して出した結論はこちらの有料版レポートでご確認いただだけます。

スポンサーリンク

今夜の米輸入物価指数と今日のドル円予想

また、今夜発表の米輸入物価指数について、事前予想が-0.1%となっていることを材料視するアナリストも見られました。

米・輸入物価指数は、米CPIの先行指数とされることも多い指数で、こちらが上昇もしくは改善し一定の評価を受けると、景気向上と判断されドル買いが出やすくなる傾向があります。

事前予想は改善も、市場が評価する水準には達するか?

今夜21時半に発表される米・7月輸入物価指数(前月比)については、事前予想は-0.1%であり、前回値(-0.9%)よりは改善する見込みとなっていますが、こちらの結果が、さらに予想を上振れるなどすれば市場に好感されドル買いの支え、予想を下振れれば重しとなってドル売り円高、となる可能性があります。

→今夜の米輸入物価指数は「支え」?「重し」?アナリストらの予想結果はこちらの有料版レポートでご確認いただだけます。

スポンサーリンク

今日の買い材料・売り材料

こうした主な材料も含め、今日どんな材料(円高材料・円安材料)が待ち構えており、それぞれ何人のアナリストから言及されているか(=アナリストの注目が多いのはどの材料か)を当社が独自集計した結果、アナリスト(集計対象:7名)のなかで最も注目度が高かったのは…

【この先の内容は、予想レポート有料版本文にてご確認ください】
↓↓↓

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください