【9日 ドル円予想根拠】米中対立激化か、一旦悪材料出尽くしか

スポンサードリンク

今日9日のドル円レンジ予想平均値

105.40 – 106.38(7社平均)

今日の予想根拠 サマリー

米中対立への懸念がいぜん根強いなか、今日も上値の重い展開がメインシナリオと考えられるものの、一方では昨夜の米株市場が反発、また米債券市場も金利が下げ渋っており、金融市場の混乱はかなり収まってきたと言えます。

今日のレンジ予想の根拠となるアナリストらの見通しでは、106円をまたいで推移してきたドル円レートが次のターゲットを探しているとの見解が見られました。

アナリストらの視野にあるラインは、上値メドとして6日高値付近の107.10円など、下値メドとしては心理的節目の105.50円や105.00円などとなっています。

そこに、さらに今日の円安材料・円高材料を考慮に入れて出されたのが、今日の上値予想・下値予想ということになります。

スポンサーリンク

今日の買い材料・売り材料

ここで重要になるのが、今日の買い材料・売り材料の見極めです。

今日どんな材料が待ち構えており、それぞれ何人のアナリストから言及されているか(=アナリストの注目が多いのはどの材料か)を確認して、今日の相場がどうなるかを具体的にイメージしてから取引に入ることが重要です。

当社独自集計の結果では、今日アナリストが言及した材料のうち、円高材料としては、継続する米中対立への懸念トランプ大統領の利下げ圧力といったものが挙がっていました。

また一方では、円安材料として米中対立で悪材料がいったん出尽くしの感があること、また105円ミドルでのダブルボトム形成による下値限定の見方などが挙がっています。

これらのうち、アナリスト(集計対象:7名)のなかで最も注目度が高かったのは…

【この先の内容は、予想レポート有料版本文にてご確認ください】
↓↓↓

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください