米投資家ウォーレン・バフェット氏とのランチの権利が約3億円で落札!

スポンサードリンク
ウォーレン・バフェット氏

2000年から始められたバフェット氏とのランチをする権利のオークションが6月9日夜に締め切られて、約3億円で落札されました。

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら
スポンサードリンク

バフェット氏とのランチ権を約3億円で落札

バフェット氏の亡くなった妻の発案で2000年からスタートしたバフェット氏とランチをする権利がebayで行われて、9日夜の締め切り間際に267万9001ドル(約2億9千5百万円)で落札されました。
オークションのお金は、サンフランシスコのテンダーロイン地区でホームレスや貧困者を支援するグライド基金に寄付されます。

参照:ロイター 「バフェット氏と昼食」の権利、約3億円で匿名の落札者に

ニューヨークのステーキハウス「スミス・アンド・ウォーレンスキー」でバフェット氏とランチを共にでき、最大7人の同伴者を連れていくことが可能です。
バフェット氏の次の投資先以外の質問はすべてできるという内容になっています。

お金持ちになるには、実際のお金持ちに話を聞き、その行動をまねるといいと言われていますが、実際に本当のお金持ちに直接話を聞く機会などなかなかないのですが、これオークションは、実際に伝説の投資家バフェット氏と直接ランチができ、いろいろ質問できる機会があるというものです。

ただし、落札額が約3億円とすでにお金持ちの人しか落札できませんので、一般の人には、夢のまた夢となっています。

スポンサードリンク

バフェット氏との約3億円のランチは高いか安いか?

バフェット氏とのランチは、年々田かkプなる傾向にあるようです。
最初の年は、2万5000ドルで落札されたランチ権も2016年は、345万6789ドルと過去最高タイ記録での落札となっています。

〇バフェットとのランチの権利価格

落札額
2000年 2万5000ドル
2001年 1万8000ドル
2002年 2万5000ドル
2003年 25万5000ドル
2004年 20万1000ドル
2005年 35万1100ドル
2006年 62万100ドル
2007年 65万100ドル
2008年 211万100ドル
2009年 168万300ドル
2010年 262万6411ドル
2011年 262万6411ドル
2012年 345万6789ドル
2013年 100万100ドル
2014年 217万ドル
2015年 234万5678ドル
2016年 345万6789ドル
2017年 267万9001ドル

2003年から跳ね上がり、2008年にはいきなり100万ドル越えとなっています。
2000年当時は、ITバブルまさっかりで、ITに投資していなかったバフェット氏は投資成績が伸び悩んでいたため、当時は安かったといわれています。
その後、ITバブルが崩壊し、バフェット氏の投資手法が見直され、さらにバフェット氏が高齢となっていることから、価格がどんどん上がっていったものと思われます。

実際に2008年にランチをしたガイ・スピアーさんの記事がmarketwatch.comにのっていますが、彼は、このバフェットとのランチをきっかけに1年以内にアメリカのニューヨークからスイスのチューリッヒに引っ越したそうです。
バフェット氏の長年のファンであったスピアーさんも実際にあって国外に引っ越すほどの影響受けているようです。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら

実際に高いのか安いのかと言われれば、普通の人からすると高いのでしょうが、旅行と同じで体験にお金を払うということですので、ランチを共にした人がどれだけの体験したかと感じることによって、高いか安いかが決まってくkルでしょう。

ランチ権を落札する人は、バフェット氏のファンですので、実際に尊敬する人から受ける言葉は、かなり感銘を持って受け止められると思われるので、ランチをした人にとっては、3億円も高くないのかもしれません。

写真参照:By Mark Hirschey (Work of Mark Hirschey) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です