アップル決算発表!2018年第3四半期の決算発表日時と日本時間-日経平均・NYダウへの影響は?

アップル決算発表!第3四半期の決算発表日時と日本時間

現地時間の7月31日午後2時からアップル(APPLE)(AAPL)の2018年第3四半期決算発表があります。
アップルの決算予想や日経平均やNYダウへの影響を考察してみましょう。

UPDATE:8/1 アップルの第3四半期決算が発表されました。

スポンサードリンク

アップルの2018年第3四半期決算結果

UPDATE:2018/8/1

日本時間8月1日の早朝、アップルの決算発表がありました。

主な決算内容は、

売上高:532億6500万ドル(予想:523億ドル)
純利益:115億1900万ドル(予想:108億ドル)
EPS:2.34ドル(予想:2.19ドル)



iPhoneXの販売が好調で市場予想を超えた好決算でした。
販売台数自体は、1%程度の伸びとなりましたが、高単価機種が売れたことで販売価格が引き上げられて市場予想を上回りました。

サービス部門の売上も好調で過去最高の売上高を更新しました。

さらにアップルは第3四半期に200億ドルの自社株買いを実施したと発表しました。

FacebookやTwitterが決算後、株価を20%超下落したときとは対象的に時間外取引で3.7%上昇して史上最高値を更新しました。

次回の7~9月期決算の予想をアップルは、以下のように発表しています。

売上高として600億ドルから620億ドル
売上総利益率として38%から38.5%
営業費用として79.5億ドルから80.5億ドル
その他の収入/(費用)として3億ドル
税率約15%(個別項目控除前)

プレスリリースより:Apple、第3四半期の業績発表

次回の決算では、9月に新型iPhoneが発売されて、その売上が前年までですとプラスになるので注目の決算となります。

スポンサードリンク

アップル(APPLE)(AAPL)の決算発表の日時と日本時間

アップルの決算発表時間は、HPにも書いてありますが、

現地時間:7月31日午後2時から午後5時まで
日本時間:8月1日午前6時から午前9時まで


日本時間は、8月1日の早朝になります。NY市場が閉まってからの発表です。
7月31日のNYダウには反映されませんが、8月1日の日経平均には影響を与えると思われます。

アップルのHPからストリーミングで決算発表の様子が確認できるようです。

Apple Financial Results – Q3 2018

アップル第3四半期決算の市場予想と第2四半期決算

アップルの第3四半期決算予想は、アップル自体が第2四半期の決算を発表した時に予想を発表しております。

  • 売上高として515億ドルから535億ドル
  • 売上総利益率として38%から38.5%
  • 営業費用として77億ドルから78億ドル
  • その他の収入/(費用)として4億ドル
  • 税率14.5%
  • 参照:アップル プレスリリース 第2四半期の業績発表

    前年同期は、

    売上高:454億1000万ドル
    純利益:87億2000万ドル

    前年同期比では上回りそうです。

    ただし、前回の第2四半期が、過去最高と言われた決算で

    売上高:611億ドル
    純利益:138億ドル

    となっており、今回の第3四半期の決算予想より上回っているので、第2四半期より売上は落ちる模様です。

    第3四半期のEPSは

    EPS予想:2.15~2.19ドル

    と予想されており、第2四半期の2.73ドルから落ち込みますが、前年同期は1.67ドルだったことから上昇予想となっております。

    NASDAQの予想では、EPSが2.1~2.35ドルの間で、コンセンサスEPSはが2.19ドルとなっています。
    今回の決算では、EPSが2.19ドルを超えるかどうかが、一つの鍵と言えるでしょう。

    アップル第3四半期決算の日経平均とNYダウへの影響

    前回の第2四半期決算のときは、時間外取引で3.7%高となっています。

    アップルの決算発表後の5月2日の日経平均とNYダウは、

    日経平均:22,472.78(-35.25 -0.16%)
    NYダウ:24,099.05(+64.10ドル +0.27%)

    となっており、日経平均はマイナス、NYダウはプラスとなっております。
    日経平均はGW中だったこともあり特殊な時期だったこともありますが、アップルの決算では、プラスになった場合は、そこまで日経平均に影響はないと思われます。
    NYダウは、アップルが構成銘柄でもあり、直接的な影響で上昇していると思われます。

    今回のアップルの決算は、事前の噂では、iPhoneの販売が未だに好調であることから、予想を上回るのではないかと思われています。

    この場合は、前回と同じようにNYダウは、上昇するものと思われます。
    日経平均は、その前に日銀金融政策決定会合とFOMCがあり、ドル円為替の影響の方を強く受けるので、アップルの決算がプラスでも上昇するとは限らないと思われます。

    ドル円為替FXレート予想

     

    日経平均予想をフォロー!
    最新情報をお届けします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です