【米大統領選】米大統領選の日経平均とドル円為替の推移 トランプ大統領決定の影響

NYダウ

今日の米大統領選の朝から今までのドル円の推移と日経平均の推移を確認しましょう。

スポンサードリンク

米大統領選 トランプ氏 ドル円相場推移

大統領選後のドル円為替チャート

英国のEU離脱(ブレグジット)の時とよく似ていて、朝までクリントン氏優位を伝えられて円安になっていきます。
その後、大統領選の情報が入ってきて、トランプ氏が優勢という情報が入ってくると大きく円高になっていきます。

そして、トランプ大統領決定前に底値になり、その後持ち直して円安に推移しています。

○英国EU離脱時のドル円チャート
6月24日ドル円為替グラフ

かなり似ていると思われます。
アルゴリズム取引が多くなっているので情報で売り買いを高速で行うので、予想が覆る似たような状況になると同じような動きになるのだと思われます。

英国EU離脱(ブレグジット)の時と同じ動きなら、数日は、若干円安に動いた後、その後、円高になり、今日の底値101.2円付近まで下落します。

トランプ氏は、そもそもドル安論者ですので、中期的には90円を目指す円高になるのではないかと思われます。

米大統領選時の日経平均

米大統領選時の日経平均

最初は、上昇していましたが、トランプ氏優位の情報が入った途端、下落していき、底値は昨日の終値より1000円以上下落しました。

最後は、-919.84円で終りました。

日銀は、ETF買入を706億円行いました。
最後の上げは、日銀のETF買いの影響がある可能性があります。

しかし、現在の日経平均先物は、上昇していて、16,705円(+453円)と半値戻しとなっています。
ニューヨーク市場ではどのような動きになるか。
明日の日経平均は、上昇から始まりそうです。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください