[PR]当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

【2019年3月】日銀金融政策決定会合の日程と発表時間 黒田日銀総裁記者会見のライブ中継と時間

日銀金融政策決定会合 黒田日銀総裁

2019年3月の日銀金融政策決定会合が今週行われます。
日程と発表時間、黒田総裁の会見のライブ中継先と会見時間を抑えておきましょう。

2019年3月の日銀金融政策決定会合の日程と発表時間

まず3月の日銀金融政策決定会合の日程と黒田総裁の記者会見の時間を確認しましょう。

・日銀金融政策決定会合の声明発表
日  程:3月14日(木)~3月15日(金)
発表時間:3月15日 午前11時30分~午後1時30分ごろ

・黒田日銀総裁 定例記者会見
現地時間:3月15日午後3時30分

日銀金融政策決定会合の声明発表の時間は、早ければ午前11時台に行われますが、重要発表があったり、政策変更があった場合は、12時30分を超えることが多いです。

直近では、2018年7月の会合で長期金利の変動を容認したときは、午後1時3分に発表されています。
12時30分を超えるようなら、なにか発表があると思ったほうがいいでしょう。

今回の日銀金融政策決定会合は、現状維持になると思われます。

2019年は、2018年12月に下落した株価が上昇傾向となっていましたが、先週から下落してきて、世界経済の減速懸念が出てきました。
景気の判断は、下方修正される可能性が高いですが、金融政策が変更になる可能性は少ないと思われます。
前回の長期金利変動の容認の他には、比較的小さな政策変更はあまりなく、マイナス金利の深掘りなど大きな変更になってしまいますので、FOMC(米連邦公開市場委員会)での利上げ決定などの政策変更がなければ、日銀単独での政策変更はよほど円高が進まない限りはないと思われます。

黒田総裁の記者会見は、毎回、15時30分から1時間程度行われます。
重要発表があれば長く、なければ短くなる傾向があります。

今回の記者会見は、追加緩和に言及したことから追加緩和について質問が出る可能性高く、どのように答えるかによって、ドル円為替が上下するものと思われます。

黒田日銀総裁の会見 リアルタイムのライブ中継

黒田日銀総裁の記者会見は、毎回リアルタイムでライブ中継されますので、ドル円に影響がある可能性がありますので、確認しておくことをおすすめします。

日経チャンネル

日経新聞社運営の絵映像ポータルでライブ中継があります。

https://channel.nikkei.co.jp/l/?s=%E6%97%A5%E9%8A%80%E7%B7%8F%E8%A3%81%E4%BC%9A%E8%A6%8B

テレビ東京オンデマンド

テレビ東京のオンデマンドでライブ中継があります。無料です。

https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/live/nichigin/

日経CNBC(有料)

有料チャンネルの日経CNBCでも中継と解説があります。

LIVE! 日銀総裁会見~景気後退懸念じわり、日銀の認識は~
https://www.nikkei-cnbc.co.jp/program/190315_nichigin

他のメディア

記載はないもののライブ中継するかもしれないメディアです。

・ロイターLIVE
https://jp.reuters.com/news/video/live
日銀特集
https://jp.reuters.com/news/bank-of-japan

・NHKライブ
https://www3.nhk.or.jp/news/live/

などでリアルタイムでライブ中継される可能性が高いです。

今回のリアルタイムライブ中継は、先月、追加緩和について必要なら行うと発言したことへの質問が出る可能性が高く、物価目標2%の実現性とともに注目となりそうです。
今回の日銀金融政策決定会合は、ドル円為替に与える影響は小さいと思われますが、ネガティブに捉えられてどちらかというと円高に影響すると予想します。

物価目標2%は、これから景気が持ち直して、ここ数年より大きく上を向くことは考えづらいので、どこかで集計したほうがいい目標だと思っております。
ただし、目標を修正した場合は、追加緩和への期待がなくなり円高になると思われます。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート