2017年6月のFOMCの日程と日本時間とイエレンFRB議長会見のライブ中継

スポンサードリンク
2017年3月15日イエレンFRB議長会見

6月のFOMC(米連邦公開市場委員会)が14日に迫ってきました。ちょうど1週間後にせまったFOMC(米連邦公開市場委員会)の政策発表時間とイエレンFRB議長の会見のライブ中継先をお知らせします。

スポンサードリンク

2017年6月のFOMC(米連邦公開市場委員会)の日程と日本時間

今回の6月のFOMC(米連邦公開市場委員会)は、ほぼ利上げがあるとみられていて、その後の利上げのスケジュールについての発言が注目されています。

FOMC(米連邦公開市場委員会)の日程は、

年間損益率、+14%。来月の日経平均騰落AI予想 →こちら

・FOMC声明の発表
  現地時間:6月14日午後2時
  日本時間:6月15日午前3時

・イエレンFRB議長の会見
  現地時間:6月14日午後2時30分
  日本時間:6月15日午前3時30分

3月と比べてサマータイムになったので、日本時間が1時間速まっています。

イエレンFRB議長の会見は、3月、6月、9月、12月の年4回あり、前回の3月の会見では利上げペースが早まるとの期待をイエレンFRB議長が緩やかな利上げペースを維持すると発言したことで、会見直後から円高になっていって、1日で1円ほど円高になりました。

今回のFOMCは、利上げは、ほぼ確実だと思われていますので、今月発表された雇用統計の非農業部門雇用者数が予想を下回ったことや弱い経済指標が出てきていることなどで、今後の利上げスケジュールが、どのように発表されるかが注目されます。

スポンサードリンク

6月のイエレンFRB議長のインターネットライブとテレビ中継

6月のFOMC(米連邦公開市場委員会)後のイエレンFRB議長のインターネットライブ中継先です。

日経チャンネルマーケッツ

FOMC結果発表:6月15日(木) 3時00分~(日本時間)
イエレンFRB議長会見:6月15日(木) 3時30分~(日本時間)

前回も通訳付きでライブ中継していましたので、今回もあると思われます。

日経新聞の記者やゲストのアナリストなどの解説も聞けます。
有料チャンネルですので、契約が必要です。

http://channel.nikkei.co.jp/markets/news/1706yokoku/

いつもニコニコ生放送でもやりますが、今回は、まだ現時点では番組紹介はありませんでした。

Bloomberg

Bloombergライブでは、前回のFOMCのイエレンFRB議長の会見も放送しています。
日本語の通訳はありませんが、画面にBreaking Newsで1行でまとまって英文で文章が出てくるので、それを見てるだけで、だいたい内容がわかります。
英語がわからなくても、メモして翻訳すれば、意味はわかるのではないでしょうか。
今回も中継すると思われます。
無料です。

https://www.bloomberg.com/live/asia

その他

上記以外ですと確実ではありませんが以下で放送する可能性があります。

〇ロイターLIVE
http://jp.reuters.com/news/video/live

前回は、放送したかどうかは、確認していません。
日米経済対話の共同記者会見を放送していますので、放送する確率は高いのではないでしょうか。

〇USTREAM Federal Reserve
http://www.ustream.tv/federalreserve

FOMCの会見を放送すると書いてありますので、放送する確率は高そうです。
英語での放送と思われます。

〇YOUTUBE FedReserveBoard
https://www.youtube.com/user/FedReserveBoard

YouTubeのFRBの公式チャンネルだと思われます。

3月のイエレンFFRB議長の会見動画も乗っています。
https://www.youtube.com/watch?v=Y4muZJ1-NJ4

英語での放送です。

○AbemaNews深夜
https://abema.tv/now-on-air/abema-news

海外の重要なニュースを日本語訳付きで放送しています。
前回放送したかは、確認していません。

英語が分かる人なら海外の放送を見ることが可能だと思います。
私は、日本語通訳付きのところを見ようと思っています。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です