シカゴ日経平均先物(CME)と日経平均株価の関係

シカゴ日経平均先物(CME)と日経平均株価の関係

日経平均株価を予想する上でシカゴ日経平均先物の値は重要な意味を持っています。
今回は、シカゴ日経平均先物の解説をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

シカゴ日経平均先物(CME Nikkei 225 Futures)とは

シカゴ日経平均先物とは、シカゴ・マーカンタイル取引所というその名の通り、アメリカのシカゴにある先物取引所で取引される日経平均の先物である。

日経平均の先物は、大阪証券取引所シンガポール証券取引所でも扱っていますが、シカゴ日経平均先物の終了時間が日本時間の朝の6時15分と日本市場が開く朝の9時に一番近い日経平均先物となっています。

シカゴ日経平均先物は、別名でCME日経平均先物と呼ばれます。英語名が、「CME Nikkei 225 Futures」となっており、このCMEは、先ほど解説したシカゴ・マーカンタイル取引所の略で英語での「Chicago Mercantile Exchange」の頭文字をとって、CMEとなっています。

シカゴ日経平均先物には、日本円建てとドル建ての2種類あります。
シカゴ日経平均先物(円建て)、シカゴ日経平均先物(ドル建て)と表記されることが多いです。
通常は、シカゴ日経平均先物とだけ呼んだときは、シカゴ日経平均先物(円建て)の値を指します。

シカゴ(CME)日経平均先物の取引時間

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の先物取引は、Globex(グローベックス)と呼ばれる商品先物取引システムにより、多くの先物が24時間取引されています。

シカゴ日経平均先物の取引時間は、CMEのWEBサイトによると円建てが現地時間の17時00分―16時00分(日本時間の7:00 – 6:00)、ドル建てが現地時間の17時00分―16時15分(日本時間の7:00 – 6:15)となっています。

シカゴ日経平均先物(CME Nikkei 225 Futures)と日経平均株価の関係

日経平均株価は、朝の9時から昼の3時までの間に取引された株の値から算出されるので、3時以降、翌日の9時までは変わりません。
シカゴ日経平均先物は、上記の通りの円建てで日本時間の7:00 – 6:00となり、終値(清算値)は、日本時間の朝の6:00になります。

シカゴ日経平均先物は、日経平均株価が取引が終わった後も値動きがあり、アメリカのNYダウや夜中のニュースなどに応じて、上下しており、日経平均株価の寄り付き(始値)の値に大きく影響を与えます。

日経平均株価の寄り付き(始値)は、シカゴ日経平均先物(円建て)の終値(清算値)にサヤ寄せ(近づいて)していくことがほとんどです。
これによって、日経平均株価の寄付きが、前日の終値と比べて、上振れするか下振れするかがわかるので、その日の日経平均株価の予想がしやすくなります。

よって、シカゴ日経平均先物は、日経平均株価の変化を知る上での重要な指標になります。






シカゴ日経平均先物 まとめ

シカゴ日経平均先物は、アメリカの市場が開いている間のNYダウの値動きやドル円の値動きを加味した値が出てきますので、日本市場が閉まったとの世界市場の動きを含んだ値になっています。
よって、日経平均株価の寄り付きに強い影響を与えて、その日の日経平均株価の価格にも影響を与えます。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら
○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

日経平均株価を考える上では、シカゴ日経平均先物がどのような値動きをしたかが重要になってくる場合がありますので、抑えておく必要がある指標といえます。


 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です