銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

日銀ETF買い入れ

ETF買い入れ予想結果18:00頃更新

 
1月26日 ETF買い入れ予想
買い入れ無し
 
結果
当たり買い入れなし

※結果は、平日18:00頃更新

TOPIX前日の終値と前引けETF買入確率
-0.35%以上2.4%
-0.36%~-0.40%16.7%
-0.41%~-0.45%15.0%
-0.46%~-0.50%17.1%
-0.51%~-0.55%78.6%
-0.56%~-0.60%60.0%
-0.61%~-0.65%83.3%
-0.66%~-0.70%61.5%
-0.7%以下78.3%

*2018年7月~の統計

TOPIX前引け 前日比 -0.10%

TOPIXの前場終値が前日終値より下回ると、日銀のETF買い入れ確率が高くなります。(2017/9/20以降)

日銀ETF買い入れルール
  • TOPIXが前場でマイナス2.0%より下落の時に買い入れの可能性(現時点)
  • 買い入れるETFはTOPIX型だけに変更(日経平均型は買い入れなし)
  • 21年4月から企業支援ETFの買い入れはなし
  • 年間買い入れ額の約6兆円の原則は方針から削除
日銀ETF買い入れ時間
  • 実際にはいつ買い入れしているのかは不明
  • 今までの実績を分析すると前場と後場の間に買入の発注していると推測
  • 買入時の株価のピーク時間から1時30分ごろに買い入れしていると推測
1/26(水) 17:11
日経平均予想:神経質な動き 一部銘柄はFOMC後に買い場の声も

26日の日経平均はー120円安の2万7011円となり続落。今夜結果が判明するFOMC(米金融政策決定会合)で金融引き締め観測が強まるとの懸念から、リスク回避の売りが優勢だった。

ファナックなどハイテクやファストリといった主力株が下落。KDDIも安かった。一方で鉱業の住友金属鉱山や鉄鋼のジェイエフイーが上昇。日本株有料レポート掲載銘柄では、金属・鋳造のJMCが上昇(掲載後1ヶ月で+26.2%)。

→有料版レポート:今が仕込み時の業績期待5銘柄とは?

■神経質な動き 一部銘柄はFOMC後に買い場の声も

日経平均は本日終値で1年1ヶ月ぶりの安値を更新した。本日米時間のFOMC(米金融政策決定会合)で金融引き締めの方向性が強まる可能性があることから、結果確認を前に持ち高を縮小しておこう、というポジション調整の売りが広がった。

相場は通じて神経質な動きだった。前場に下落したハイテクは米株指数先物の持ち直しを背景に押し目買いが入った。とくに半導体は東京エレクトロンが下落した一方でアドテストなどが上昇と、リスク回避の売りと短期筋による買いが交錯した。

米国では物価上昇(インフレ)が続いており、インフレ抑制には景気を冷やすしかない。昨年までの金融緩和によって企業業績が押し上げられている今の状況なら、景気を冷やしても企業は持ちこたえうる、というのがFRBの言い分だろう。

しかし ...

→全文を読む

日銀ETF買い入れグラフ

  • 1ヶ月
  • 3ヶ月
  • 1年

2022年 日銀ETF買い入れ額と残額

ETF買入れ額(予定残額) J-REIT(予定残額)
1402億円
(11兆5794億円)
0円
(95億円)
2022年
日付 ETF買入れ額
(残額)
企業支援ETF J-REIT
(残額)
TOPIX前日比
1/26 -(11兆5794億円) - -(95億円) -0.10%
1/25 701億円(11兆5794億円) - -(95億円) -2.03%
1/24 -(11兆6495億円) - -(95億円) -0.54%
1/21 -(11兆6495億円) - -(95億円) -1.00%
1/20 -(11兆6495億円) - -(95億円) +0.45%
1/19 -(11兆6495億円) - -(95億円) -1.80%
1/18 -(11兆6495億円) - -(95億円) +0.52%
1/17 -(11兆6495億円) - -(95億円) +0.42%
1/14 701億円(11兆6495億円) - -(95億円) -2.02%
1/13 -(11兆7196億円) - -(95億円) -0.58%
1/12 -(11兆7196億円) - -(95億円) +1.43%
1/11 -(11兆7196億円) - -(95億円) -0.72%
1/7 -(11兆7196億円) - -(95億円) -0.41%
1/6 -(11兆7196億円) - -(95億円) -1.39%
1/5 -(11兆7196億円) - -(95億円) +0.40%
1/4 -(11兆7196億円) - -(95億円) +1.27%
合計 12兆円 - 900億円 -
もっと見る

その他の日銀ETF買入実績

2022年日銀ETF買い入れ予定額

ETF 6兆円
  • 日経平均連動・JPX400連動型ETF 3.3兆円
  • TOPIX連動型ETF 2.7兆円
  • 企業支援ETF3000億
J-REIT 900億円

日銀ETFの買い入れとは

日銀のETF買い入れは金融緩和の一環としてETF(指数連動型上場投資信託受益権)を年間6兆円買い入れる政策です。
日経平均連動型ETFやTOPIX連動型ETFのほかに「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」の株式を対象にしたETFを3000億円買い入れる。6兆円の買い入れ枠のうち2.7兆円をTOPIX連動型に振り分けている。J-REITに関して別枠で年間900億円買い入れる。