パラジウム(商品先物)

1,397.0-10.50(-0.75%)(22:27)

  • 表示期間 |
  • 1日
  • 1ヶ月
  • 6ヶ月
  • 1年
  • 長期 »
52週高値(2022/3/22) 2,609.5
52週安値(2023/3/09) 1,333.0
日本株予想:軟調地合い鮮明 主力株の一角には下値買い観測も

20日の日経平均はー389円の2万6945円となり反落。

個別銘柄では、三越伊勢丹ホールディングスや川崎汽船などが売られたほか、J.フロント リテイリング、NIPPON EXPRESSホールディングス、エーザイなどが下落した。ただ電気機器の日本電産などは上昇した。

→ いま押し目買いチャンスの銘柄はこれだ!投資の森の有料サービスはこちら

今月の日経平均は前日までの下落幅がー183円と売り地合いであったが、20日の東京株式市場は反落と、地合いの弱さを引き継いで伸び悩んだ。

米株式市場が前営業日に売り優勢となっており、頭重いムードが日本株にも波及した。本日の日本株は売り圧力が勝り、相場全体では軟調地合いとなった。ただ米長期金利の下落を材料視して、ハイテクのような金利低下時に買われやすい高PER銘柄には、物色買いを見込む動きも見られた。また下値では電気機器のマクセルやLink-Uなど、押し目買いの入る銘柄も見られた。

金融市場では日米金利差の拡大に関心が集まっており、円安圧力の強まりが想起される状況。目先の相場見通しについては ...

→全文を読む