今週の予想・見通し/日経平均株価

7月16日〜7月20日 今週の予想
7月16日 13:21更新

予想幅平均/週

21,307 - 21,954

更新時間 予想会社名 予想レンジ(円) 勝率 過去の結果
07/16
13:21
RS 21,000 - 22,000 97.1% »
07/16
10:38
DS社 21,168 - 22,103 93.9% »
07/16
08:09
Rサイト 21,450 - 21,850 63.3% »
07/16
07:50
Nサイト 21,400 - 22,000 71.4% »
07/16
07:10
D社 21,471 - 21,819 68.0% »
07/12
18:00
S証券 21,350 - 21,950 54.3% »
--:-- M社 ---.-- - ---.-- 80.0% »

日経平均株価 週間展望<解説>

2019-07-12更新 ウィークエンドジャーナル

来週の日経平均株価の見通し(7月16日〜7月20日)

今週の日経平均の推移(7月15日〜7月19日)

今週の7月8日~7月12日の日経平均は、先週の米中首脳会談の影響で上昇した週となりました。

今週の日経平均は、先週末、米雇用統計が予想を上回り、米国の大幅利下げ期待が後退したことで大幅下落から始まりました。
その後は、横ばいで推移していましたが、パウエルFRBの議長の議会証言で利下げが示唆され、米利下げ期待が再び高まり、木曜、金曜と上昇で推移しました。

ドル円為替も米雇用統計の上振れで円安が進み、一時109円台と大きく上昇しましたがパウエルFRB議長の議会証言で円高になり、108円近くまで下落して、108円台前半で推移しています。

ドル円はどうなる?今日のAI予想→

今週の日経平均は、米国の利下げ期待に左右された週でした。

来週の日経平均の推移(7月16日〜7月20日)

来週の日経平均は、どのように動くか、リスク要因と上昇要因を考察します。

来週の日経平均のリスク要因


1. イランの地政学リスク
2. 米経済指標の予想下振れ



1は、イラン情勢が緊迫化しており、英国のタンカーをめぐり報復合戦になっていることから、リスク要因となります。

2は、米経済指標は、まちまちな結果になっており、来週の経済指標も予想下振れした場合は、リスク要因となります。

来週の日経平均の上昇要因

1. NYダウの史上最高値突破
2.利下げ期待上昇



1は、NYダウが、史上最高値を突破して2万7000ドルを超えました。節目を超えたことで上昇にはずみが着き、釣られて日経平均にも上昇要因となります。

2は、パウエルFRB議長の議会証言で利下げ期待が高まりました。来週も月末のFOMC(米連邦公開市場委員会)に向けて利下げ期待が高まると思われるので、上昇要因となりえます。

来週の日経平均の予想まとめ

来週の日経平均株価の予想レンジは、

2万1400円~2万1900円


と予想します。

日経平均AI予想→

来週は、地政学リスクの高まりと利下げ期待上昇が打ち消し合いもみ合い傾向と予想します。

来週の高配当株

○おすすめ高配当株
ソフトバンク株式会社
日産自動車
JT(日本タバコ産業)
東京エレクトロン
昭和シェル石油

高配当株まとめページ→

○日経予想メーカーを使った2019年予想チャート

日経予想メーカーが、2019年の予想ができるようになりました。
1月~12月の各月の終値をスライダーで決めれば、2019年の日経平均予想チャートができあがります。
自分のブログなどにも、埋め込めますので、ぜひ予想してみてください!

予想レンジ情報につき問題発生時の削除等はこちらまでご連絡ください。