とうもろこし(商品先物)

463.00-1.00(-0.22%)(23:20)

  • 表示期間 |
  • 1日
  • 1ヶ月
  • 6ヶ月
  • 1年
  • 長期 »
52週高値(2023/6/21) 629.75
52週安値(2024/2/26) 408.75
日本株予想:地合い弱い 好業績銘柄は押し目買いか

24日の日経平均はー458円の3万8646円となり反落。

個別銘柄では、富士電機やソシオネクストなどが売られたほか、レーザーテック、アドバンテスト、SCREENホールディングスなどが下落した。ただ非鉄金属のフジクラなどは上昇した。

2024年は日本株が躍進、期待の銘柄は? 有料版レポート閲覧はこちら

今月の日経平均は前日までの上昇幅が+697円と買い地合いであったが、24日の東京株式市場は反落と、戻り売りや利確売りの動きが見られた。

米株式市場が前営業日に売り優勢となっており、頭重いムードが日本株にも波及した。本日の日本株は売り圧力が勝り、相場全体では軟調地合いとなった。ただ米長期金利の下落を材料視して、ハイテクのような金利低下時に買われやすい高PER銘柄には、物色買いを見込む動きも見られた。また下値ではガラス・土石製品の日本ヒュームや王将フードサービスなど、押し目買いの入る銘柄も見られた。

市場参加者の一部は日米金利差の縮小に関心を寄せており、こちらを材料に外為市場でドル売り・円買いが出れば、輸出株などの頭重さに影響する可能性もある。週明けは引き続き ...

→全文を読む