ドル円(USD/JPY) 予想

レンジ予想(平均)・終値AI予想
(1/30 11:01更新)  勝率70.4%

予想幅平均/日

128.91 - 130.54

終値AI予想/日

130.62 

円安予想
更新時間 予想会社名 予想レンジ(円) 勝率 結果
11:01 M 129.50 - 130.50 71.5% »
10:00 G 128.50 - 130.50 72.3% »
09:36 H 129.10 - 130.40 54.5% »
09:30 S 128.90 - 130.60 67.1% »
09:20 F 129.00 - 130.80 46.8% »
09:20 R 129.00 - 130.50 63.0% »
08:32 B 128.00 - 130.60 57.7% »
07:20 D社 129.27 - 130.43 72.7% »
--:-- A ---.-- - ---.-- 71.4% »

月末セール!「投資の森 ドル円アナリスト予想レポート」人気プランが割引!

01月28日 (土) 07:00

週明け30日のドル円デイトレード戦略 テクニカル節目

先週末28日早朝のドル円は、129.80付近で越週。

週明け30日のドル円相場に関し、現水準より上方では、129円台終盤に
ピボットPが位置する以外は、心理的節目130.00しかテクニカル節目がなく、上値抵抗帯(レジスタンス)が希薄な状況。地合いによっては、130円台回復の可能性がある。

さらに上の130円前半では、移動平均線5 日、フィボナッチ 76.4% 戻し、ピボットR1、ボリンジャー 20日ミッドバンド、移動平均線21 日といったテクニカル節目が重なり上値抵抗帯を形成している。当面この付近では上値に重さが見られそうだ。

↓↓↓
今日の高値メドは?プロの予想はこちら

現水準より下では、129円台ミドルに一目均衡表 転換線、ピボットS1が位置し、下値支持帯(サポート)を形成している。この価格帯では底固さが示されそう。

さらにその下の129円序盤では、ピボットS2が位置し、心理的節目129.00と合わせて下値支持帯を形成。当面は、この価格帯が下値を支えそうだ。

↓↓↓

米ドル円 ストップロス注文情報

130.30 ストップロス 買い
129.85 現在値(20:10時点)
129.75 ストップロス 売り

ドル円 売買シグナル勝率日足

買いエントリー 1カ月 勝率33.3% ( 損益 -2.57円 )
売りエントリー 1カ月 勝率29.4% ( 損益 +0.97円 )

ドル円 テクニカル売買シグナル日足

ドル円 ピボットポイント日足

R3 130.99
R2 130.63
R1 130.22
PP(今日の中心値) 129.86
S1 129.45
S2 129.09
S3 128.68

米ドル/円 最新記事

ドル円 支持抵抗一覧

  • MA 75137.77
  • MA 200136.77
  • BB +3σ135.24
  • BB +2σ133.63
  • BB +1σ132.01
  • MA 25130.90
  • BB 基準130.39
  • MA 5130.10
  • 終値129.82
  • BB -1σ128.78
  • BB -2σ127.16
  • BB -3σ125.54

米ドル/円 平均変動幅・変動率(過去30日)

  • 平均変動幅
  • 平均変動率
  • 変動幅が
    1.0円超の日
  • 1.82
  • 1.39%
  • 17日

ドル円チャートと経済イベント

米ドル/円 経済イベント(1/30 20:10)

経済指標スケジュール

1/30(月)

時間 国・地域 主要経済指標等 前回値 今回予想
18:00 10-12月期国内総生産(GDP、速報値)(前期比) 0.4% 0.0%
18:00 10-12月期国内総生産(GDP、速報値)(前年同期比) 1.3% 1.3%
18:00 10-12月期国内総生産(GDP、速報値、季調前)(前年同期比) 1.2% 0.8%
19:00 1月経済信頼感 95.8 97.0
19:00 1月消費者信頼感(確定値) -20.9 -20.9

1/31(火)

時間 国・地域 主要経済指標等 前回値 今回予想
8:30 12月失業率 2.5% 2.5%
8:30 12月有効求人倍率 1.35 1.36
8:50 12月鉱工業生産・速報値(前月比) 0.2% -1.2%
8:50 12月鉱工業生産・速報値(前年同月比) -0.9% -4.0%
8:50 12月小売業販売額(前年同月比) 2.5% 3.1%
8:50 12月百貨店・スーパー販売額(既存店)(前年同月比) 2.4%
14:00 1月消費者態度指数・一般世帯 30.3 30.4
14:00 12月新設住宅着工戸数(前年同月比) -1.4% 0.4%
16:00 12月輸入物価指数(前月比) -4.5% -2.5%
16:00 12月輸入物価指数(前年同月比) 14.5% 11.8%
16:00 12月小売売上高(前月比) 1.7% -0.5%
16:00 12月小売売上高(前年同月比) -5.1% -2.6%
17:55 1月失業者数(前月比) -1.30万人 0.50万人
17:55 1月失業率 5.5% 5.5%
19:00 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績) * *
19:00 10-12月期四半期域内総生産(GDP、速報値)(前期比) 0.3% -0.1%
19:00 10-12月期四半期域内総生産(GDP、速報値)(前年同期比) 2.3% 1.7%
* 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目 * *
22:00 1月消費者物価指数(CPI、速報値)(前月比) -0.8% 1.2%
22:00 1月消費者物価指数(CPI、速報値)(前年同月比) 8.6% 9.4%
22:30 10-12月期四半期雇用コスト指数(前期比) 1.2% 1.1%
23:00 11月住宅価格指数(前月比) 0.0% -0.5%
23:00 11月ケース・シラー米住宅価格指数(前年同月比) 8.6% 6.8%
23:45 1月シカゴ購買部協会景気指数 45.1 45.3
24:00 1月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 108.3 109.0

2/1(水)

時間 国・地域 主要経済指標等 前回値 今回予想
17:55 1月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 47.0 47.0
18:00 1月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 48.8 48.8
19:00 1月消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比) 9.2% 9.0%
19:00 1月消費者物価指数(HICPコア指数、速報値)(前年同月比) 5.2% 5.1%
19:00 12月失業率 6.5% 6.5%
21:00 MBA住宅ローン申請指数(前週比) 7.0%
22:15 1月ADP雇用統計(前月比) 23.5万人 16.5万人
23:45 1月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 46.8 46.8
24:00 1月ISM製造業景況指数 48.4 48.0
24:00 12月建設支出(前月比) 0.2% 0.0%
28:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表 4.25-4.5 4.50-4.7
28:30 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見 * *

金融政策会合 日程

FOMC開催日程 2月1日
日銀金融政策決定会合 1月1日

要人発言

日付 時間 要人・国・地域 発言内容
1/30 16:04 黒田日銀総裁 引き続き物価2%目標維持し、金融緩和を継続する必要
1/30 15:52 黒田日銀総裁 YCC運用見直しから時間が経っておらず、評価には時間かかる
1/30 15:49 黒田日銀総裁 YCC運用見直し、金融政策正常化の観点ではない
1/30 14:00 翁共同理事 新たな共同声明では日銀の独立性尊重が大前提
1/30 13:56 平野共同座長 日銀総裁の要件、金融政策の知識、経験、政府との連携など
1/30 13:47 翁共同座長 日銀総裁人事は政府や国会で粛々と手続き進むと理解
1/30 13:45 平野共同座長 マイナス金利とYCC、今後も持続可能なのか
1/30 13:41 翁共同座長 日銀、市場との対話一段と強化すること重要
1/26 17:45 カブジュオール・トルコ中銀総裁 利下げが継続するのかどうかコメント控える
1/26 17:34 独経済相 インフレのネガティブなトレンドは脱した
1/26 17:19 トルコ中銀 2023年末のインフレ率見通しを22.3%に据え置き
1/26 01:43 カナダ中銀総裁 サービスインフレが下がるのには時間がかかる
1/26 00:38 アイルランド中銀総裁 第1四半期以降に金利が上昇しても驚かない
1/25 23:32 スロベニア中銀総裁 次の2回の理事会で0.50%ポイントの利上げが適切
1/25 22:13 独経済省 今年の経済成長見通しをプラス0.2%に上方修正
もっと見る

予想レンジ情報につき問題発生時の削除等はこちらまでご連絡ください。