ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

(8月17日 06:59)
節目(日足)/オーダー レート
7月14日高値 139.39
心理的節目 139.00
ボリンジャー 20日上限(+2σ) 138.18
心理的節目 138.00
フィボナッチ 23.6% 戻し 137.26
心理的節目 137.00
ピボットHBOP 136.69
心理的節目 136.00
フィボナッチ 38.2% 戻し 135.95
ピボットR2 135.68
一目均衡表 先行スパン1 135.16
心理的節目 135.00
ピボットR1 134.96
フィボナッチ 50% 戻し 134.89
一目均衡表 基準線 134.89
移動平均線21 日 134.82
ボリンジャー 20日ミッドバンド 134.65
ストップロス買い 134.60
16日終値 134.24
心理的節目 134.00
ストップロス売り 134.00
ピボットP 133.95
フィボナッチ 61.8% 戻し 133.82
一目均衡表 転換線 133.64
移動平均線5 日 133.38
移動平均線75 日 133.31
ピボットS1 133.23
心理的節目 133.00
フィボナッチ 76.4% 戻し 132.51
移動平均線90 日 132.46
ピボットS2 132.22
一目均衡表 先行スパン2 132.05
心理的節目 132.00
ピボットLBOP 131.50
ボリンジャー 20日下限(-2σ) 131.12
心理的節目 131.00
8月2日安値 130.38
心理的節目 130.00
心理的節目 129.00
心理的節目 128.00
心理的節目 127.00
心理的節目 126.00
心理的節目 125.00
心理的節目 124.00
移動平均線200 日 123.47
心理的節目 123.00

今日のFX相場

ドル円FX予想:反発基調に拍車 米鉱工業生産などに強い関心

本日のドル円は133.80付近。きのうNY時間は米物価上昇ピークアウト観測を受けたドル売りが続き頭重い推移となったが、引けにかけては133円前半 (...)

→全文を読む

テクニカル分析 解説一覧

テクニカル指標 解説
移動平均線(MA) 5日 汎用性の高い上値/下値メド。より長期の移動平均線を上抜けしたらゴールデンクロス(買いサイン)、より長期の移動平均線を下抜けたらデッドクロス(売りサイン)、など。
21日
75日
90日
200日
フィボナッチリトレースメント(上げ相場) 23.60% 戻し 上値/下値メド。トレンド発生時の押し目と戻りの目標価格、など。
38.20% 戻し
50% 戻し
61.80% 戻し
76.40% 戻し
フィボナッチリトレースメント(上げ相場) 76.40% 戻し 上値/下値メド。トレンド発生時の押し目と戻りの目標価格、など。
61.80% 戻し
50% 戻し
38.20% 戻し
23.60% 戻し
ボリンジャーバンド +2σ 上方ブレイクアウト時、レンジ相場ならミッドバンド回帰へ向けた逆張り、トレンド相場ならトレンド方向へ向けた順張り、など。
ミッドバンド ボリンジャーバンドの中央軸。20日移動平均。
-2σ 下方ブレイクアウト時、レンジ相場ならミッドバンド回帰へ向けた逆張り、トレンド相場ならトレンド方向へ向けた順張り、など。
一目均衡表 基準線 中期的な相場の方向性目安。
転換線 短期的な相場の方向性目安。この転換線が基準線を上抜けたら買いサイン、下抜けたら売りサイン、など。
先行スパン1 一目雲上限/下限。これらの雲をローソクが上抜けたら買いサイン、下抜けたら売りサイン、など。
先行スパン2
ピボット HBOP 前日より大幅に大きく動く相場になったときの上値メド。
R2 前日より大きく動く相場になったときの上値メド。
R1 前日と同程度の相場になったときの上値メド。
P 前日の真ん中あたりの水準。
S1 前日と同程度の相場になったときの下値メド。
S2 前日より大きく動く相場になったときの下値メド。
LBOP 前日より大幅に大きく動く相場になったときの下値メド。
ストップロス 売り 上値メド。ここを上抜けると、大きく上放れる可能性。
買い 下値メド。ここを下抜けると、大きく下放れる可能性。
NYOPカット NYオプションカット。こちらが表示されている場合は、本日がオプション権利行使期日にあたり、同日の日本時間24時(夏時間は23時)に向け、このNYOPカット入った水準周辺へレートが近づいていくことがある。