ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

(1月23日 06:59)
テクニカル分析(日足) レート
移動平均線200 日 105.69
心理的節目 105.00
12月2日高値 104.74
一目均衡表 先行スパン2 104.48
1月11日高値 104.39
移動平均線90 日 104.38
ピボットHBOP 104.36
ボリンジャー 20日上限(+2σ) 104.32
フィボナッチ 23.6% 戻し 104.23
移動平均線75 日 104.15
ピボットR2 104.12
心理的節目 104.00
一目均衡表 先行スパン1 103.94
ピボットR1 103.94
フィボナッチ 38.2% 戻し 103.91
ストップロス買い 103.90
一目均衡表 転換線 103.82
22日終値 103.76
ピボットP 103.70
移動平均線5 日 103.68
フィボナッチ 50% 戻し 103.66
ストップロス売り 103.65
ボリンジャー 20日ミッドバンド 103.58
移動平均線21 日 103.57
ピボットS1 103.52
一目均衡表 基準線 103.48
フィボナッチ 61.8% 戻し 103.40
1月21日安値 103.32
ピボットS2 103.28
ピボットLBOP 103.10
フィボナッチ 76.4% 戻し 103.08
心理的節目 103.00
12月17日安値 102.86
ボリンジャー 20日下限(-2σ) 102.84
1月6日安値 102.57
心理的節目 102.00

今日のFX相場

ドル買い優勢 米住宅指標改善で:ドル円FX予想

週末23日朝のドル円は、103.75でクローズ。
今後は、バイデン米大統領の政策転換への期待感を支えとしたリスクオンで、ドル円は上値余地 (...)

→全文を読む

テクニカル分析 解説一覧

テクニカル分析(日足) レート 解説
移動平均線(MA) 5日 汎用性の高い上値/下値メド。より長期の移動平均線を上抜けしたらゴールデンクロス(買いサイン)、より長期の移動平均線を下抜けたらデッドクロス(売りサイン)、など。
21日
75日
90日
200日
フィボナッチリトレースメント(上げ相場) 23.60% 戻し 上値/下値メド。トレンド発生時の押し目と戻りの目標価格、など。
38.20% 戻し
50% 戻し
61.80% 戻し
76.40% 戻し
フィボナッチリトレースメント(上げ相場) 76.40% 戻し 上値/下値メド。トレンド発生時の押し目と戻りの目標価格、など。
61.80% 戻し
50% 戻し
38.20% 戻し
23.60% 戻し
ボリンジャーバンド +2σ 上方ブレイクアウト時、レンジ相場ならミッドバンド回帰へ向けた逆張り、トレンド相場ならトレンド方向へ向けた順張り、など。
ミッドバンド ボリンジャーバンドの中央軸。20日移動平均。
-2σ 下方ブレイクアウト時、レンジ相場ならミッドバンド回帰へ向けた逆張り、トレンド相場ならトレンド方向へ向けた順張り、など。
一目均衡表 基準線 中期的な相場の方向性目安。
転換線 短期的な相場の方向性目安。この転換線が基準線を上抜けたら買いサイン、下抜けたら売りサイン、など。
先行スパン1 一目雲上限/下限。これらの雲をローソクが上抜けたら買いサイン、下抜けたら売りサイン、など。
先行スパン2
ピボット HBOP 前日より大幅に大きく動く相場になったときの上値メド。
R2 前日より大きく動く相場になったときの上値メド。
R1 前日と同程度の相場になったときの上値メド。
P 前日の真ん中あたりの水準。
S1 前日と同程度の相場になったときの下値メド。
S2 前日より大きく動く相場になったときの下値メド。
LBOP 前日より大幅に大きく動く相場になったときの下値メド。
ストップロス 売り 上値メド。ここを上抜けると、大きく上放れる可能性。
買い 下値メド。ここを下抜けると、大きく下放れる可能性。