銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

NYダウ暴落・調整

※暴落の定義:高値からの下落率20%以上
※大型調整の定義:高値からの下落率10~20%

下落震度1

暴落・調整判定

直近高値下落 -6.5%
暴落判定 調整
下落期間 331日
直近高値(2022/1/4) 36,799.65

暴落(過去5年)

平均下落率 -29.51%
最小-最大下落率 -37.09 〜 -21.94%
平均下落期間 154.5日
最小-最大下落期間 40 〜 269日
下落回数 2回(0.4回/年)

大型調整(過去5年)

平均下落率 -14.88%
最小-最大下落率 -18.77 〜 -10.99%
平均下落期間 67.5日
最小-最大下落期間 53 〜 82日
下落回数 2回(0.4回/年)

暴落・調整チャート

大型調整 暴落

暴落・調整データ(5年)

判定 底値日 下落率 下落期間 底値
2022/09/30 -21.9% 269日 28,725.51
2020/03/23 -37.1% 40日 18,591.93
2018/12/24 -18.8% 82日 21,792.20
2018/03/23 -11.0% 53日 23,533.20
12/2(金) 07:55

今日の米国株見通し

米国株予想:米長期金利が上昇 下値余地を意識

前取引日のNYダウはー195ドルの3万4395ドルとなり3営業日ぶり反落。

個別銘柄では、セールスフォース・ドットコムやユナイテッドヘルス・グループなどが売られたほか、ボーイング、ベライゾン・コミュニケーションズ、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーなどが下落した。ただ一般消費財のエッツィなどは上昇した。当社配信の米国株有料レポートでは、電気通信のSurgePaysIncなどが上昇。SurgePaysIncは掲載後1ヶ月で80.0%の上昇となった。

→ 有料版レポート:今が仕込み時の「値上がり期待・お宝」米国株とは?

先月のNYダウは+1936ドルと買い意欲の示される展開であったが、前営業日の米株式市場はひとまず伸び悩みの商状となった。

昨夜の米長期金利は上昇。こうしたなか株式にはおおむね売り圧力がかかりやすく、金利上昇局面に売られやすいハイテクなど高PER株には売りの流れが出やすい。一方で、金利上昇により利ざや増が想起される銀行株などは強い地合いも意識される。

前営業日クローズ後の米株指数先物は上げており、今夜の米株式市場は ...

→全文を読む

過去の暴落下落率

出来事(下落要因) 下落率
1位 リーマンショック -41.98%
2位 コロナショック -31.21%
3位 ITバブル -26.61%
4位 ブラックマンデー -22.61%
5位 チャイナ・ショック -6.56%

暴落カウントダウン(12/3)

次のNYダウ暴落周期まで あと

NYダウの暴落周期の最長期間が12年5ヶ月となっており、あと何日あるかを表示しています。