米大統領選 クリントン氏とトランプ氏の政策比較まとめ

2016年米大統領選

クリントン氏とトランプ氏の政策を比較してみましょう。

スポンサードリンク

クリントン氏とトランプ氏の政策比較

クリントン氏 トランプ氏
同盟国を重視(今のまま) 軍事 日本などは自国で防衛
増税 税制 減税
強化 銃規制 反対
反対 TPP 反対

基本的には正反対の政策になっています。

外交の軍事では、クリントン氏は、日米同盟を重視し現在のままとなると思われますが、トランプ氏は、独立国なのだから、自分自身で国を守るべきだと主張しています。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

内政の税に関しては、クリントン氏は、富裕層に増税、中小所得者に減税、トランプ氏は、法人税、所得税を大幅減税となっております。

スポンサードリンク

為替と株価への影響

ただ、為替に対しては、どちらもドル安を容認して、トランプ氏は、ドル安を誘導しようとしています。
これは、日本には、円高となりますので、株価へは、マイナスに働く要素になります。

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

どちらになっても日経平均株価へは、最初のうちはマイナスな栄養をもたらす可能性が高いです。
ただし、クリントン氏に決まった場合は、トランプ氏になるリスクがなくなるので、一時的に上昇する可能性があります。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です