トランプ大統領の議会演説―日程(日本時間)とライブ中継

スポンサードリンク
トランプ大統領

トランプ大統領の議会演説が28日(現地時間)に迫ってきました。
議会演説の日本時間とインターネットライブ中継やテレビ中継があるか調べました。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら
スポンサードリンク

トランプ大統領の議会演説の日程と日本時間

トランプ大統領の議会演説は下記の時間から行われます。

現地時間:2月28日午後21時~

日本時間:3月1日午前11時~

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

米議会の上下両院合同本会議で演説をします。
1時間程度の演説になると思われます。

最新:トランプ大統領の議会演説の内容まとめ

トランプ大統領議会演説まとめと日本への影響・日経平均とドル円為替

2017.03.01

ここでは、トランプ大統領の政策で幅広い内容で語られると思われます。

現在の情報では、スパイサー大統領報道官は、インフラ投資について言及すると語っていました。
全米知事協会の夕食会では、トランプ大統領からオバマケアの医療改革の新しい仕組みについて話すと言っていました。
CNNによると軍事費の拡大を話と報道しています。

2月9日には、トランプ大統領が、減税について2、3週間以内に驚く内容を発表すると言及があり、その減税に関する話をこの議会演説でするのではないかと言われています。
減税について踏み込んだ発言がるかどうかでドル円為替と日経平均株価がかなり動きそうです。

一部では、予算教書もこの議会演説に合わせて出されるのではと言われていましたが、今のところ3月13日前後になるのはと噂されています。

スポンサードリンク

トランプ大統領の議会演説のインターネットライブ中継・テレビ中継

最新:トランプ大統領の議会演説の内容まとめ

トランプ大統領議会演説まとめと日本への影響・日経平均とドル円為替

2017.03.01

・テレビ中継

・NHK BS1
トランプ大統領 施政方針演説
午前11時00分~ 午後0時25分

確実に番組表に乗ってるのは、NHKのBS1だけでした。
他の局は、平日お昼ですので、昼の帯の情報番組をやっているところが多く、その中で触れるのではないかと思われます。
TBSのひるおびやテレビ朝日のワイドスクランブルでは、番組の中の情報コーナーとして全部の中身ではなく、要約した部分を放送してくれるのではないかと予想します。(確実に放送するとは番組表にありませんでした)

・インターネットライブ中継

確実に行われるインターネットライブ中継は今のところわかりませんでしたので、可能性のあるところを掲載します。(中継しないかもしれません)

・Bloombergライブ
https://www.bloomberg.co.jp/live/asia

イエレンFRB議長の議会証言も中継していたので、ほぼ必ず中継すると思われます。
ただし、英語のみで、日本語通訳なしです。

・ロイターLIVE
http://jp.reuters.com/news/video/live

中継すると思われます。
ただし、英語のみで、日本語通訳なしです。

・NHK LIVE
https://www3.nhk.or.jp/news/live/

たぶんLIVE中継すると思われます。BS1で中継するので、その中継をそのまま流すと思われます。
中継すると同時通訳付きだと思われます。
※今回は中継していないようです

・Abema TV
AbemaNews午前①/10:15頃~グッド!モーニング
https://abema.tv/

12:00まで生中継等をするニュース番組をやっていますので、それまでは中継する確率が高いと思われます。
以前の海外中継は、同時通訳付きです。
ただし、12時から別の番組になっていますので、そこで打ち切られる可能性が高いです。
メイ首相のEU離脱の会見の時が途中で前触れもなく時間になると別番組になりました。

トランプ大統領の議会演説の日本への影響・日経平均とドル円為替

今回のトランプ大統領の議会演説は、かなり注目度が高いのですが、そのわけは、今まで具体的な内容が出てこなかった政策の具体的な内容が話されるのではと言われているからです。

しかし、今回は、上下院に初めて話す演説ですので、そこまで深い内容は出てこないと思われます。
それでも、減税についてどれだけ言及するかはかなり重要なポイントになると思われます。

日経平均株価とドル円為替相場に影響がある内容としては、減税とインフラ投資についてどの程度の規模になるかが重要なポイントになると思われます。

減税は、特に法人税の減税の割合と現行の35%から15%にすると言っているので、これがどこまで守られるかが重要です。
予測では共和党との協議で25%になるのではと言われていますので15%という数字をトランプ大統領が発言できるかどうかがカギになりそうです。

インフラ投資は、どの程度の経済規模になるか具体的な例が出れば、プラスの効果になると思われます。

期待通りの発言なら株高円安になり、期待外れの発言なら株安円高になります。

株高円安なら、日経平均は300円ほど上昇ドル円為替は115円に向かって上昇していくと思われます。
株安円高なら、日経平均は500円ほど下落ドル円為替は110円に向かって下落していくと思われます。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

トランプ大統領誕生のリスク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です