[PR]当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

【朝の相場解説と今日の注目銘柄】NYダウは135ドル下落 新型コロナ感染拡大で利益確定売り広がる

NYダウが227ドル(-0.50%)下落し、ナスダックは-0.7%下落と米国株式市場は下落となりました。
本日の株式相場は、新型コロナの感染拡大懸念が広がり、投資家心理を冷やし、もみ合いになると思われます。
↓↓↓
「投資の森」厳選銘柄レポート(有料版)6月掲載のアズーム(3496)は1ヶ月で35.5%上昇!→詳細はこちら

今日の相場戦略:好決算銘柄の同業種を狙う


米国株式市場は、NYダウが週間の米新規失業保険申請件数が予想を上回り、一時200ドル以上下げる場面も見られましたが、ワクチン期待が根強く、下げ幅を縮めて2万6734.71ドル -135.39ドル (-0.50%)で終わりました。

個別では、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が買われて、ボーイングが大幅安、アップル、マイクロソフトにも売りが出ました。

ナスダックは、小幅下落となり、半導体・ハイテク株に売りが出ました。

ADRでは、売りが優勢となり、LINEが2%下落し、トヨタなどにも売りがでました。メガバンクは買われて、三菱UFJなどが上昇しています。

「投資の森」厳選銘柄レポート(有料版)は、膠着相場にも負けない好決算を期待できる掘り出し銘柄を先取りして紹介→詳細はこちら

今日の注目銘柄:好決算銘柄と同業種の銘柄

今日17日の株式市場は、日経平均先物が小幅下落となっていることからもみ合いになりそうです。個別では、ハイテク・半導体株がさえないことで大型株より小型個別株への物色が強まり、引き続き、小型株の好決算銘柄やその同業種の銘柄に資金が流れると思われます。

●本日の注目銘柄

・ISID(4812)
電通向け社内システム構築が主力のシステム開発会社
業績修正発表 過去最高益予想の経常利益の従来予想を32.9%を上方修正

・大阪油化(4124)
素材加工の一環として行われていた「蒸留」を専業で請け負う「精密蒸留の駆け込み寺」
20年9月期の経常利益を従来予想より上方修正。減益予想から一転して5.8%増益見通し

・エニグモ(3665)有料レポート掲載銘柄)
海外ブランド品などの輸入通販サイト「バイマ」を運営
新型コロナ感染拡大で巣ごもり消費関連で売上増
同業のロコンド(3558)が連日ストップ高でつられて買われる

「投資の森」厳選銘柄レポート(有料版)は、好業績が期待できる成長小型株の中で、まだアナリストが注目していない掘り出し銘柄を中心に紹介しています。
↓↓↓
「投資の森」厳選銘柄レポート(有料版)6月掲載のアズーム(3496)は1ヶ月で35.5%上昇!→詳細はこちら

「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」の掲載銘柄の中では、5月15日号に掲載した大手小売業向けに需要予測型の自動発注システムのシノプス(4428)が、「リアルタイム在庫機能」の提供を始めたことで+5.51%と大幅上昇しております。

シノプス(4428)は、スーパーなどを対象に自動発注システムを提供する企業です。そのユニークなビジネスモデルや将来性についての詳細について「投資の森」厳選銘柄レポート(有料版)5月15日号で紹介しています。
↓↓↓