[PR]当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

米長期金利サマリー

日本時間18日夕刻の米長期金利は、軟調推移のなか0.830台まで下落。

前日17日NY時間は米10年国債が買われ、米長期金利は低下。

↓↓↓
ドル円予想:プロが注目する重要材料とは?

17日NY時間の米10年国債は買い優勢となり、米長期金利は低下。(国債価格が上昇したことで、国債金利は下落)

手がかりとなったのは、NY時間に発表された米・10月小売売上高の市場予想を下回る弱い結果。

底堅いと見られていた米小売指標がここへ来て失速したことで、年末に向けての米景気回復ペースが鈍化するとの懸念が高まり、安全資産である米10年国債が買われた。

他方では、新型コロナウイルスの米国における新規感染者が連日10万人を超えるペースで増加していることも、今回の指標悪化による景気懸念に拍車を掛ける結果となった。

この状況を受け米株価は下落、また翌18日の日本株も反落しており、金融市場はひとまずリスクオンの流れが巻き戻される展開か。

↓↓↓
ドル円予想:プロが注目する注目レートとは?

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート