【先週のドル円FX戦略】FXデイトレード戦略と戦績 6/17~6/21

先週のドル円FX戦略と戦績

先週のFX戦略と取引戦績をまとめます。

スポンサードリンク

先週の戦績まとめ

8勝4敗 +56.5pips

先週は、レンジ相場の逆張り戦略でプラスになりました。

レンジ相場で動いていた6/17~6/19はうまく行ってましたが、FOMC(米連邦公開市場委員会)での利下げ後にレンジ相場を下抜けして、円高トレンドになったことで、逆張り戦略がまとめて損切りとなりました。
107.1円台まで下落したことで、どちらに動くか難しく、21日はトレードを休みました。
それでも前半の勝ちで週を通してはプラスになりました。

先週の毎日の記事内容を下記に転載します。

6月17日のFXデイトレード戦略 レンジ相場の上で逆張りの売り

現在のドル円相場は、チャートを見ると先週から下落相場をうわ抜けしています。

○ドル円チャート
6月17日ドル円FXチャート

6月10日からの1時間足のチャートです。
(私が取引する際に参考にするチャートは、主に15分足、1時間足、日足の3つです。)

下落傾向のレンジ相場からうわ抜けしています。
本日は、FOMCを控えて上値が重い展開となりそうなので、レンジ相場の上での逆張りの売りを狙っていきます。

本日は、この上値108.8円までと考え、108.6円台での売りの逆張り戦略を取ります。

朝は、108.57円売りでエントリーして108.35円で買い、損切り108.9円で注文しました。
現在(13:00)は、108.6円台前後での推移なので、108.65円で売りでエントリーしたいと思います。

直近の注文は、売り108.65円→買い108.35円 損切り108.9円 としました。

下方向は、108円台で下げ止まると思われますが、大きく下落するニュースが出る可能性があるので、下位でのエントリーは市内予定です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

昨日のFX戦績

売買約定レート決済レート取引損益取引損益(pips)
108.285108.350.065円6.5pips
108.28108.350.07円+7pips
108.28108.350.07円+7pips
108.199108.30.101円+10.1pips
合計0.205円+20.5pips

昨日のFXの取引結果は、4勝0敗となり、合計+20.5pipsでした。

レンジ相場の上下での逆張りという戦略で下のレンジを108.28円として決済を108.35円と細かくしたことで、早い段階で3回の決済となり、プラスとなりました。
最後の注文を108.2円と下げたことで少しだけプラスを上乗せできました。
レンジ相場の下での逆張りが当たりでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドル円FX 今日はこれで動く

今日の注目ポイントです。

中国景気後退
イラン地政学リスク
FOMCでの利下げ観測によるドル買い抑制

スポンサーリンク

6月18日のFXデイトレード戦略 上値重く下値に注意

現在のドル円相場は、チャートを見ると108.2円~108.7円のレンジ相場になっています。
○ドル円チャート
6月18日ドル円FXチャート

6月11日からの15分足のチャートです。
(私が取引する際に参考にするチャートは、主に15分足、1時間足、日足の3つです。)

上値が108.7円台、下値が108.1円台のレンジ相場となっています。
本日は、FOMCを控えて動意薄となりそうなので、レンジ相場の上下での逆張りを狙っていきます。

本日は、この上値108.7円までと考え、108.6円台での売り、下値を108.2円と考えて108.2円台での買いの逆張り戦略を取ります。

朝は、108.5円台は、エントリーせず、売り108.63円、買い108.27円でエントリするようにOCO注文しました。
現在(13:00)は、108.2円台で推移なので、108.27円で買いで約定しました。
108.5円で決済、107.9円で損切りとします。

直近の注文は、売り108.27円→買い108.5円 損切り107.9円 としました。

下方向は、108.2円台で下げ止まると思われます。
FOMC関連で大きく動かない予想ですが、107円台になったら一時エントリー休止します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

昨日のFX戦績

売買約定レート決済レート取引損益取引損益(pips)
108.56108.5360.024円+2.4pips
108.65108.5360.114円+11.4pips
合計0.138円+13.8pips

昨日のFXの取引結果は、2勝0敗となり、合計+13.8pipsでした。

レンジ相場の上での逆張りという戦略で、108.6円前後エントリーでしたが、狭い範囲での値動きで108.5円程度にしか落ちなかったために108.53円で強制的に決済しました。
実際には、108.35円で決済の注文を出していましたが、下がらなかったために夜に決済しました。
動いている範囲が狭すぎました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドル円FX 今日はこれで動く

今日の注目ポイントです。

FOMCで様子見

スポンサーリンク

6月19日のFXデイトレード戦略 レンジ相場の108円代後半の売りを狙う

現在のドル円相場は、チャートを見ると108.2円~108.7円のレンジ相場になっていて、108.5円台後半から108.6円台までが上値となっています。
○ドル円チャート
6月19日ドル円FXチャート

6月12日からの15分足のチャートです。
(私が取引する際に参考にするチャートは、主に15分足、1時間足、日足の3つです。)

主なレンジは108.2円~108.7円となっています。
本日も、FOMCを控えて動意薄となりそうなので、レンジ相場の上下での逆張りを狙っていきます。

本日も、上値108.7円までと考え、108.6円台での売り、下値を108.2円と考えて108.2円台での買いの逆張り戦略を取ります。

朝は、108.4円から108.5円台に上昇しているところですので、最初の注文は、売り108.6円でエントリするように注文しました。
現在(10:40)は、108.5円台後半で推移していますが、その前に108.6円に届いていたので108.6円で売りで約定しました。
108.4円で決済、108.9円で損切りとします。

直近の注文は、売り108.65円→買い108.5円 損切り108.9円 としました。

下方向は、日中は、株高になっているので、あまり円高にならないと思われます。
FOMC関連で大きく動かない予想ですが、不意なニュースなどで108.2円を切る、108.8円を上回るようになったら一時エントリー休止します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

昨日のFX戦績

売買約定レート決済レート取引損益取引損益(pips)
108.277108.50.223円+22.3pips
108.2108.5670.367円+36.7pips
108.622108.50.122円+12.2pips
合計0.712円+71.2pips

昨日のFXの取引結果は、3勝0敗となり、合計+71.2pipsでした。

レンジ相場の下での逆張りという戦略で、108.2円台でのエントリーでなかなか上がりませんでしたが、夜の米中首脳会談開催のニュースで108.6円まで上昇したことで決済できました。
108.6円台に上昇したところで売りを出して、細かく108.5円で決済する注文も当たりました
レンジ相場での逆張りが当たりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドル円FX 今日はこれで動く

今日の注目ポイントです。

FOMCで様子見
米中首脳会談開始の報道
株高

スポンサーリンク

6月20日のFXデイトレード戦略 108円からの反発を狙う

現在のドル円相場は、チャートを見るとFOMC(米連邦公開市場委員会)後に108円前後で推移しています。
○ドル円チャート
6月20日ドル円FXチャート

6月17日からの15分足のチャートです。
(私が取引する際に参考にするチャートは、主に15分足、1時間足、日足の3つです。)

FOMC(米連邦公開市場委員会)後に108円前後での推移となっています。
直近で大きく動いているのが、米中首脳会談報道での上昇とFOMC(米連邦公開市場委員会)の利下げ示唆の下落です。
本日は、日銀金融政策決定会合の発表があり、黒田日銀総裁の会見で大きく動く可能性がありますので注意が必要です。
黒田日銀総裁の会見前までは、108円からの反発狙いでの買いを狙っていきます。

本日は、黒田日銀総裁の会見で大きく動く可能性がありますので、それまでは108円での買いを狙っていきます。

朝は、108円からの反発狙いで108円、108.2円台、108.3円台でそれぞれ買い注文を入れ、昼までの決済できるように108.15円で売りの注文を出しました。
現在(9:05)は、108円前後で推移していますので約定していくものと思われます。

直近の注文は、買い108.0円→買い108.15円 損切り107.8円 としました。

大きく動きそうな黒田日銀総裁の会見では、取引しないつもりですが、円高円安にかけて、損切りを小さく取り、利幅を大きくとった注文を入れておくものありです。
会見後の戦略は、そのときのドル円の動きを見て決めたいと思います。107.8円を切るようなら一時エントリー休止します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

昨日のFX戦績

売買約定レート決済レート取引損益取引損益(pips)
108.6108.450.15円+15pips
108.43108.10.33円+33pips
合計0.48円+48pips

昨日のFXの取引結果は、2勝0敗となり、合計+48pipsでした。

レンジ相場の上での逆張りという戦略で、108.6円で売り、108.45円で買いですぐ決済してからは、108.4円前後で推移したので、夜までエントリーできませんでした。
FOMC(米連邦公開市場委員会)で利下げが示唆され、円高になると予想して、108.43円で売りでエントリーして、損切りを108.5円とすぐ上において、決済は108.1円と大きめにした注文を寝る前に出していましたが、予想があたり、決済していました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドル円FX 今日はこれで動く

今日の注目ポイントです。

黒田日銀総裁の会見
FOMCでの利下げ示唆

【今日のドル円FX戦略】6月21日のFXデイトレード戦略 円高傾向で取引は一旦お休み

2019.06.21

今日のドル円世界の市況(ファンダメンタルズを1分で読める!アナリスト予想レポートまとめをご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→「今日のドル円アナリスト予想まとめ 根拠と解説 有料版レポート」

○この記事のFXトレード手法
・基本はデイトレード(一部日をまたぐときはある)
・テクニカル分析で売買する
・金曜には決済し次の週に持ち越さない
・細かく0.1円単位で決済する
・注文時に決済の指値と逆指値を設定
・ドル円しかトレードしない
・注文は、朝と昼と仕事終わった夜の時間帯

※投資は自己責任でお願いします。
※この記事を参考にしたトレードで発生したいかなる損害も保証しません。
※投資の勧誘を目的とするものではなく、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものです。
※あくまで一個人の意見です。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください