【米大統領選】投票始まる クリントン氏優勢か!ドル円105円まで円安に

米大統領選の投票が始まりました。
現在の段階では、クリントン氏優勢との報道でドル円が円安になっています。

クリントン氏優勢で円安になる

11月9日大統領選開票前のドル円相場チャート

クリントン氏優勢と伝えられるとニューヨーク時間にドル円は円安になり105円を突破しました。

昨日のロンドン市場でドルが買われ、104.4円から104.8円まで円安になっていましたが、ニューヨーク市場では、一度104.6円まで円高になったあと急落して、大統領選の鍵となるいくつかの州でクリントン氏の優勢が伝えられると105円を突破しました。

報道では、重要な州であるフロリダ州でクリントン氏が勝つとの予想が出たことで対ドルに対して、円やメキシコペソなどがこの日の高値、安値を付けました。

日本時間の8時に一番最初の州の投票が締め切られて、随時開票されていきます。

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

情報が入り次第アップしていきます。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です