【今日のドル円為替見通し】7月30日はもみ合いか FOMC(米連邦公開市場委員会)待ちで動意薄

今日のドル円予想

今日のドル円為替は、もみ合いか FOMC(米連邦公開市場委員会)待ちで動意薄

今日のドル円為替見通し

前営業日の各時間帯別の推移は、

東京時間:徐々に円安で108.6円台で推移
欧州時間:ほぼ横ばいで108.6円台
NY時間:12時前後に円安に振れ108.8円台まで上昇

一日のドル円の動きがわかるチャート

昨日の米国市場は、FOMC(米連邦公開市場委員会)を見極める展開となっていたが、利下げ期待や株高でリスク選好の円売りとなり108.9円までの上昇となりました。

今日のドル円為替は、日銀金融政策決定会合を見極めたい思惑で動意薄となりそうで、それを通過しても米中貿易協議やFOMC(米連邦公開市場委員会)など大きなイベントがあるので、膠着感の強い相場となりそうです。

108円後半での推移となりそうです。

【円安要因】
・米中貿易協議再開
・リスクオン
・米大幅利下げ期待後退
・米雇用統計予想上振れ
・米長期金利の上昇

【円高要因】
・米利下げ
・米中貿易摩擦激化
・日米通商交渉
・米長期金利の下落
・イラン地政学リスク

今日のドル円世界の市況(ファンダメンタルズを1分で読める!アナリスト予想レポートまとめをご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→「今日のドル円アナリスト予想まとめ 根拠と解説 有料版レポート」

こちらの本サイト公式LINEアカウントを追加すると、米ドル円レートや株価のFX予想メールをお届けします。


友だち追加

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください