【今日のドル円為替見通し】6月26日は円安傾向 FRB関係者の発言で大幅利下げ期待後退

今日のドル円予想

6月26日のドル円は、若干円安傾向となりそうです。

今日のドル円為替見通し

前営業日の各時間帯別の推移は、

東京時間:107.3円から106.7円台への円高
欧州時間:107円前後での横ばい推移
NY時間:106円代後半で推移もFRB高官の発言で利下げ期待後退し107.4円へ上昇

一日のドル円の動きがわかるチャート

昨日の米国市場は、イランの地政学リスクの高まりなどで106円台と軟調推移していましたが、米FRB高官が7月の利下げで5bpは行き過ぎと発言すると大幅利下げの期待が後退して107.4円台まで上昇しました。
その後は、イランに対してトランプ大統領が発言し地政学リスクが再度高まり、107.1円前後で推移しました。

今日のドル円為替は、円安傾向となりそうです。
イランへの地政学リスクが高まりがありますが、利下げ期待後退で円買いは一服となりそうで107円前半で推移しそうです。
上値も重そうですが、下値を探る動きは少なそうです。
本日は107円前半で推移しそうです。

【円安要因】
・米大幅利下げ期待後退
・米中首脳会談の楽観論
・米長期金利の上昇

【円高要因】
・イラン地政学リスク
・FOMCでの米利下げ示唆
・米長期金利の下落
・米中貿易摩擦激化

今日のドル円世界の市況(ファンダメンタルズを1分で読める!アナリスト予想レポートまとめをご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→「今日のドル円アナリスト予想まとめ 根拠と解説 有料版レポート」

こちらの本サイト公式LINEアカウントを追加すると、米ドル円レートや株価のFX予想メールをお届けします。


友だち追加

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください