ドル円 NYオプションカット

←ドル円予想へ戻る
NYOPカットなし
113.37 27日06:56 現在
チャート

今日のFX相場

ドル円FX予想:押し目買い観測 米景気見通しの強さ変わらず

週末27日朝のドル円は、インフレ長期化による景気圧迫懸念が重荷となっていたなか、さらに新型コロナ変異株報道で下げが大幅に強まり、113.49 (...)

→全文を読む

NYオプションカットとは

NYオプションカット(ニューヨークオプションカット、NYOP)とは、大口の金融機関や企業による「通貨オプション」取引の注文レートおよび権利行使締め切りのことです。

FXレートが「近づく」水準

FX為替レートは、NYオプション注文が集まっているレートに「近づいていく」ことがあります。

具体的には、NYオプションカットの権利行使締め切り日時が近づくにつれ、レートがNYオプション注文レート近辺へ動いていく、というケースが見られます。

権利行使時刻に向かってレートが動く

このページで掲載するNYオプションカットは、おおむね掲載当日の24:00に権利行使締め切りとなっています。(※夏時間=3月第2日曜〜11月第1日曜の間は23:00)

このため、例えば上のテーブルに「106.00 NYOPカット」と掲載されていた場合は、掲載当日の夜24:00(夏時間は23:00)が近づくにつれ、レートは106.00に向かって動いていくことがあります。

これを踏まえて、近づいてきているNYオプションカットの水準をFXトレードの際に確認しておき、トレード戦略に役立てるというトレーダーも見られます。

高ボラ誘発のケースには注意

ただ一方では、NYオプションカットに近づくにつれ方向感を失い、NYオプションカットを経過したあとにようやく方向感が出てくる、あるいはNYオプションカットの前も後もボラティリティが高まる、といった場合もあります。

このため、NYオプションカットが近づいた際には、トレードを行うのではなく、トレードを行わず静観する、といった判断を行う場合もあります。