【株式相場戦略】学校など特定業務のIT化支援で「五年後に利益3倍」期待!の注目銘柄とは?

※「株式相場予想レポート」最新記事はこちらをご覧ください。

【株式相場戦略】学校など特定業務のIT化支援で「五年後に利益3倍」期待!の注目銘柄とは?

明日以降の株式相場戦略を、投資の森が買い時銘柄を紹介する「有望・底値銘柄レポート」の内容と照らし合わせて解説します。

スポンサードリンク

今日までの相場

経済活動正常化へ向け買い戻しに勢い

28日の東京株式市場では、欧米での景気刺激策検討や国内の第二次補正予算案決定をうけ、経済活動再開への期待が高まり、幅広い銘柄が上昇しました。こうしたなかで日経平均も大幅上昇となり、三ヶ月前の高値を回復しました。

個別株では、出光興産や日揮HDといったエネルギー関連の銘柄では下げが目立ったものの、そのほかは大型株から中小株まで様々な銘柄が上昇となりました。とくに、ウェブサイトのスマホ最適化を行うショーケースや、各ブランドの専門ECサイト運営を行うヒト・コミュニケーションズHDなど、「特定分野に強み」を持つ「IT関連銘柄」で大幅高となるものが目立ちました。

また、過去の「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」掲載銘柄では、化粧品や健食に特化したオンライン販売支援の(株)ピアラが、やはり「特定分野に強み」の「IT銘柄」として投資家の注目を集めており、大幅高となっています。

↓↓↓
投資の森「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」詳細はこちら

今後の株式相場戦略と注目銘柄

「学校などの業務IT化」で、五年後には「利益3倍増」期待!の注目銘柄とは?

5月の市場では、国内での緊急事態宣言解除や、巨額の経済対策を盛り込んだ第二次補正予算案通過、また国外での経済活動再開への動きや新型コロナワクチン開発の進捗報道など、前向きな報道が続々と出てきています。

これにより市場では、積極的な買いの姿勢が強まっており、とくに、企業や社会の行動様式が大きく変わる「アフター・コロナ」の社会でも高い需要が期待できるとして、「特定分野に強み」を持つ「IT関連銘柄」を物色する動きが見られています。

こうした銘柄の例としては、先月に有料レポートで「買い時銘柄」として掲載されていた化粧品や健食に特化したオンライン販売支援を行う(株)ピアラが、やはり「特定分野に強み」のIT関連銘柄としてすでに買いが入っており、有料レポート掲載時から+69.9%の上昇となっています。

このような「特定分野に強み」のIT銘柄で、とくに要注目のものとしては、学校や官公庁・薬局といった「特定業種」向けに、売上管理や給与管理、備品管理などのITシステムを提供しており、コロナ禍にもかかわらず「増収増益」、かつ、直近の成長率が続けば「五年後に利益3倍」増が期待できる状況ながら、現在はコロナショックで「割安圏」となっている銘柄が、いま買い時な株を紹介する「有望・底値銘柄レポート(有料版)」最新号で解説されています。

↓↓↓
投資の森「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」詳細はこちら

この銘柄のほかにも、「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」では、事業内容や決算情報などをもとに選定された「買い時」な銘柄が、毎日追加公開されており、直近27日のレポートでは、5つのピックアップ詳解銘柄のほか、「安定成長期待」の3銘柄、「高配当期待」の6銘柄も、今仕込んでおきたい注目の「有望・底値圏銘柄」として、お申込み会員だけにご紹介されています。

こうした買い時銘柄の情報は、来週にも毎営業日配信される「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」にてご覧いただけます。

↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください