今日(2日)のレンジ予想 ユーロドル(EUR/USD)(12/2 09:20更新)

ユーロドル(EUR/USD)の本日のレンジ予想です。各社の本日の最高値・最安値レンジ予想ををまとめ、その平均値を表示しています。

予想幅平均/日

1.0396 - 1.0607

更新時間 予想会社名 予想レンジ(円) 勝率 結果
09:20 R 1.0420 - 1.0620 74.6% »
08:55 H 1.0380 - 1.0600 70.0% »
07:20 D社 1.0389 - 1.0601 75.7% »
--:-- M ---.-- - ---.-- 76.6% »
--:-- F ---.-- - ---.-- 0% »
--:-- G ---.-- - ---.-- 0% »

ユーロドル見通し:200EMAタッチ後の2度目の下落続くか

30日 12:00更新

直近のユーロドルは、昨年1月6日の1.2349ドルを天井とする下落トレンドが続きました。その中で、7月と8月に節目価格1.0000ドルを割れたものの、いずれも1.0000ドル台を回復しています。その後の下落で1.0000ドルを割れて、9月28日の0.9535ドルが年初来安値です。10月に入り反発して、26日には1.0000ドルを回復。一時反落したものの11月10日から上昇が加速して、15日の1.0481ドルが高値となりました。そして1.02~1.04ドル台でレンジの展開に。28日には1.0496ドルまで上昇し、直近高値を更新したもののレンジは超えておらず、本日30日は1.03ドル台前半で取引されています。

上昇が続き節目価格1.1000ドルを目指すのか、反落して再び1.0000ドルを割れるのか、今後の展開が注目されます。

↓↓↓
ユーロドルとドル円、プロが注目するFX通貨の高値安値メドは?

200EMAタッチ後の2度目の反落(↓)

ユーロドルは日足の200EMA(200日移動平均線)を強く意識した値動きが続いています。11月15日の200EMAタッチ後に反落し、現在は25日からの2度目の反落中です。

200EMAタッチ後の2度目の反落が続くことで、短期的にユーロドルは下落する(↓)可能性があります。

↓↓↓
ユーロドルとドル円はどうなる?今日の重要予想材料は?

サッカーW杯開幕による欧州勢の買い意欲後退(↓)

サッカーW杯の開催期間中は、欧州勢の買い意欲が後退する期間として知られるタイミングです。今回の大会は米感謝際後でもあり、さらに市場参加者も少なくなっています。

サッカーW杯開幕による欧州勢の買い意欲後退を受け、ユーロの買い圧力が低下することで、短期的にユーロドルは下落する(↓)可能性があります。

↓↓↓
FX市場を見渡せ!今日プロが注目の通貨ペアは?

市場予想を上回る欧州経済指標を好感(↑)

29日に発表されたドイツ11月消費者物価指数(CPI)は市場予想から良化しており、欧州の物価高に落ち着きが見られました。また他の欧州経済指標も市場予想を上回る数字が複数出ており、欧州経済の落ち込みが一段落した可能性を示唆しています。

市場予想を上回る数字が相次ぐ欧州経済指標が好感され、ユーロが買われることで中期的にユーロドルは上昇する(↑)可能性があります。

↓↓↓
ユーロドル?ドル円?プロ注目の通貨と高値安値メドは?

支持抵抗ライン

ユーロドルは、節目価格1.0000ドルの攻防が7月以降続きました。直近では11月7日に1.0000ドルに到達しています。更に10日から上昇が加速して、15日の1.0481ドルが高値となりました。その後は1.02~1.04ドル台のレンジが継続中です。28日に1.0496ドルまで上昇し直近高値を更新したものの、レンジは超えておらず、本日30日は1.03ドル台前半で取引されています。

1.03ドル台前半には、ピボットポイントS1~S3が1.0331~1.0342ドルに存在します。また5~20日移動平均線が1.0336~1.0349ドルにあり、テクニカル的な節目が1.033~1.034ドル台の水準で重なっています。テクニカル的な節目が重なる1.033~1.034ドル台の水準が支持帯となり反発するのか、という点が今後の焦点となります。

↓↓↓
プロ注目のFX通貨とレジサポラインは?詳細解説はこちら

ユーロドル予想 関連経済イベント

30日(水) ユーロ:11月消費者物価指数(HICP)
       ドイツ:11月失業率他
1日(木) ユーロ・ドイツ:11月製造業購買担当者景気指数(PMI)
ユーロ:10月失業率
2日(金) ユーロ:ラガルドECB総裁・発言、10月卸売物価指数(PPI)

5日(月) ユーロ・ドイツ:11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
ユーロ:10月小売売上高
6日(火) ドイツ:10月製造業新規受注
7日(水) ドイツ:10月鉱工業生産
 ユーロ:7-9月期四半期域内総生産(GDP)

13日(火) ユーロ・ドイツ:12月ZEW景況感調査
       ドイツ:11月消費者物価指数(CPI)
14日(水) ユーロ:10月鉱工業生産
15日(木) ユーロ:欧州中央銀行(ECB)政策金利・ラガルド総裁定例記者会見
16日(金) ユーロ:11月消費者物価指数(HICP)

↓↓↓

ユーロドル テクニカル売買シグナル日足

ユーロドル ピボットポイント日足

R3 1.0717
R2 1.0625
R1 1.0576
PP(今日の中心値) 1.0484
S1 1.0435
S2 1.0343
S3 1.0294

今日のFX予想 ブログ

ドル円FX予想:FRB発言に反応し売り拡大 いぜん下方目線継続

12月第一週のドル円は下落。週後半にかけパウエルFRB議長が利上げペース減速に言及したことが注目を呼ぶなか、続けて発表された米11月ISM製造業景況指数が冴えない結果となったことでドル売りが加速している。大きなファンダメンタルズが中長期的なドル売りを意識させる状況が続いており、今後も重要経済イベントに反応しつつ下値を広げる展開が見込まれる。 ...

→全文を読む

ユーロドル ストップロス注文情報

1.0520 ストップロス 買い
1.0510 現在値(04:20時点)
1.0500 ストップロス 売り
現在のユーロドル市場で、ストップロス買い(上抜けで円安加速の予想)・ストップロス売り(下抜けで円高加速の予想)が厚い水準を表示。

予想レンジ判定チャート

ユーロドル(EUR/USD) 1日の変動幅データ

ユーロドル(EUR/USD) レートの1日ごとの変動幅(値幅)をグラフ化しています。今日のレートの変動幅を予想する際、このグラフの過去データを活用できます。
過去30日で平均変動幅は「0.0129ドル」で、1.0円を超えていた日は「14日」あった
過去1ヶ月の時系列データにおける、1日あたりのレート変動幅の平均値や、最大値・最小値を表示します。今日の変動幅の予想に活用できます。
変動幅と変動率(集計期間:2022/11/03~12/01)
変動幅 変動率 記録日
平均 0.0129 1.2592% -
最大 0.0287 2.8118% 2022/11/10
最小 0.0067 0.6435% 2022/11/24

日次 時系列データ

日付 変動幅 変動率 高値 安値
2022/12/01 0.0141 1.3394% 1.0533 1.0392
2022/11/30 0.0139 1.3358% 1.0428 1.0289
2022/11/29 0.0075 0.7261% 1.0394 1.0319
2022/11/28 0.0167 1.6149% 1.0496 1.0329
2022/11/25 0.0075 0.7215% 1.0429 1.0354
2022/11/24 0.0067 0.6435% 1.0448 1.0381
2022/11/23 0.0109 1.0487% 1.0404 1.0295
2022/11/22 0.0069 0.6698% 1.0307 1.0238
2022/11/21 0.0110 1.0744% 1.0332 1.0222
2022/11/18 0.0082 0.7944% 1.0395 1.0313
2022/11/17 0.0102 0.9840% 1.0406 1.0304
2022/11/16 0.0108 1.0392% 1.0438 1.0330
2022/11/15 0.0202 1.9523% 1.0481 1.0279
2022/11/14 0.0088 0.8520% 1.0358 1.0270
2022/11/11 0.0201 1.9413% 1.0363 1.0162
2022/11/10 0.0287 2.8118% 1.0221 0.9934
2022/11/09 0.0095 0.9488% 1.0087 0.9992
2022/11/08 0.0124 1.2311% 1.0096 0.9972
2022/11/07 0.0134 1.3372% 1.0034 0.9900
2022/11/04 0.0224 2.2492% 0.9966 0.9742
2022/11/03 0.0110 1.1283% 0.9839 0.9729
もっと見る

ユーロドル(EUR/USD) 相関ランキング(1日)

ユーロドル(EUR/USD)レートの動きと相関の強い指標のランキングです。 相関値が80%以上のもの(正相関)はユーロドル(EUR/USD)と似た動き、-80%以下のもの(逆相関)は、ユーロドル(EUR/USD)と逆の動きを示します。 いずれも、ユーロドル(EUR/USD)の動きの先行指標として参考にすることができます。
正相関
経済指標 相関値 終値 前日比
1. 金先物 +95.8% 1,817 +33.60(1.88%) 急伸
2. ユーロストックス50 +90.8% 3,985 +19.78(0.50%)
3. FFレート +87.6% 3.83 +0.00(0.00%)
4. NYダウ +83.8% 34,395 -194.76(-0.56%)
5. FTSE100 +78.7% 7,556 -2.30(-0.03%)
6. 日経平均 +77.6% 27777.90 -448.18(-1.59%) 急落
7. DAX +72.3% 14,490 +0.00(0.00%)
8. ドイツ長期金利 +26.4% -0.45 -0.02(4.94%) 急伸
9. 日本10年国際 +4.3% 0.00 +0.00(-150.00%) 急落
逆相関
経済指標 相関値 終値 前日比
1. ドル円 -97.4% 135.32 -2.80(-2.03%) 急落
2. ドルインデックス -93.8% 104.70 -0.02(-0.02%)
3. 米長期金利 -90.8% 3.55 -0.07(-1.91%) 急落
4. WTI原油先物 -66.2% 81.36 +0.82(1.02%) 急伸