今日(22日)のレンジ予想 豪ドル円(AUD/JPY)(1/22 09:35更新)

豪ドル円(AUD/JPY)の本日のレンジ予想です。各社の本日の最高値・最安値レンジ予想ををまとめ、その平均値を表示しています。

予想幅平均/日

79.94 - 80.76

スポンサードリンク

更新時間 予想会社名 予想レンジ(円) 勝率 結果
09:35 S 80.00 - 81.00 70.8% »
09:00 F 79.70 - 80.70 64.1% »
07:20 D社 80.11 - 80.59 65.6% »
--:-- H ---.-- - ---.-- 17.4% »
--:-- R ---.-- - ---.-- 0% »

豪株高につれ高値80.92を更新か

22日 13:45更新

直近の豪ドル円は、長く天井となっていた8月31日の78.46円を12月10日に上方ブレイクした後、1月8日の80.92円が高値となりました。その後反落し一時80円を割れたものの、現在は回復して80円台半ばで取引がなされています。

80円割れ後の反発が続き高値80.92円の更新を目指すのか、Wトップパターンを形成して下落するのか、今後の展開が注目されます。

↓↓↓
ドル円予想:今日の重要材料と高値安値メドは?

豪ドル円見通し:豪株価指数の高値更新(↑)

オーストラリアの株価指数であるAU200は、1月20日に12月から続いたレンジをブレイクして高値を更新しました。

豪ドルの値動きに影響を与える豪株価指数の高値更新を背景に、短期的に豪ドル円は上昇する(↑)可能性があります。

↓↓↓
ドル円予想:米景気見通しに変化、今日の重要材料と高値安値メドは?

銅価格のレンジ相場形成による停滞(↓)

豪ドルの値動きに影響を与える銅価格は、12月から高値圏でレンジ相場を形成しています。1月8日に高値を更新したものの、反落した後は横ばいでの推移が継続中です。

銅価格がレンジにあり豪ドル上昇の後押しがなされない中で、豪ドル円は短期的に下落する(↓)可能性があります。

↓↓↓
ドル円予想:米中関係も緊迫化、今日の重要材料と高値安値メドは?

オーストラリア経済の早期回復の可能性(↑)

コロナ禍で落ち込みを見せるオーストラリア経済ですが、最大の貿易相手国である中国の景気回復により、早期回復の可能性が浮上しており、今後発表される失業率などの経済指標が注目されています。

オーストラリア経済の早期回復への期待感から豪ドルが買われることで、中期的に豪ドル円も上昇する(↑)可能性があります。

↓↓↓
ドル円予想:米景気見通しは改善!今日の重要材料と高値安値メドは?

支持抵抗ライン

豪ドル円は昨年11月から上昇を開始して、現在も上昇トレンドが継続中です。ただし2021年に入り1月8日の80.92円が高値となった後は高値圏でのレンジが続いており、一旦80円を割れて再度回復した後は80円台半ばで取引されています。

80円台半ばには、ピボットポイントR1~R3が80.44~80.56円に存在します。また5~50日移動平均線が80.26~80.35円に存在しており、テクニカル的な節目が80.3~80.4円台の水準にあります。

テクニカル的な節目となる80.3~80.4円台の水準を上方ブレイクして高値80.92円を目指すのか、という点が今後の焦点となります。

↓↓↓
ドル円予想:アナリストら注目の支持抵抗ラインは?詳細解説はこちら

豪ドル円予想 関連経済イベント

22日(金) 12月小売売上高

26日(火) 休場
27日(水) 10~12月期四半期消費者物価(CPI)
29日(金) 10~12月期四半期卸売物価指数(PPI)

2日(火) 豪中央銀行・政策金利発表
3日(水) 12月住宅建設許可件数
5日(金) 12月小売売上高

↓↓↓

豪ドル円 テクニカル売買シグナル日足

豪ドル円 ピボットポイント日足

R3 80.91
R2 80.67
R1 80.36
PP(今日の中心値) 80.12
S1 79.81
S2 79.57
S3 79.26

今日のFX予想 ブログ

来週のドル円:強気地合い 米指標にも期待

今週のドル円は、バイデン新政権が混乱なく発足しドル買いが強まったなかで、週末の米中古住宅販売件数や米PMIの予想外となる改善も支えとなり、 ...

→全文を読む

豪ドル円 ストップロス注文情報

80.25 ストップロス 買い
80.05 現在値(22:40時点)
79.65 ストップロス 売り
現在の豪ドル円市場で、ストップロス買い(上抜けで円安加速の予想)・ストップロス売り(下抜けで円高加速の予想)が厚い水準を表示。

予想レンジ判定チャート

豪ドル円(AUD/JPY) 1日の変動幅データ

豪ドル円(AUD/JPY) レートの1日ごとの変動幅(値幅)をグラフ化しています。今日のレートの変動幅を予想する際、このグラフの過去データを活用できます。
過去30日で平均変動幅は「0.57円」で、1.0円を超えていた日は「2日」あった
過去1ヶ月の時系列データにおける、1日あたりのレート変動幅の平均値や、最大値・最小値を表示します。今日の変動幅の予想に活用できます。
変動幅と変動率(集計期間:2020/12/25~01/22)
変動幅 変動率 記録日
平均 0.57 0.71% -
最大 1.22 1.53% 2021/01/05
最小 0.12 0.15% 2021/01/01

日次 時系列データ

日付 変動幅 変動率 高値 安値
2021/01/22 0.55 0.69% 80.43 79.88
2021/01/21 0.38 0.47% 80.50 80.12
2021/01/20 0.45 0.56% 80.33 79.88
2021/01/19 0.76 0.95% 80.30 79.54
2021/01/18 0.56 0.70% 80.05 79.49
2021/01/15 1.07 1.34% 80.77 79.70
2021/01/14 0.57 0.71% 80.84 80.27
2021/01/13 0.42 0.52% 80.67 80.25
2021/01/12 0.52 0.64% 80.67 80.15
2021/01/11 0.66 0.82% 80.64 79.98
2021/01/08 0.55 0.68% 80.91 80.36
2021/01/07 0.53 0.66% 80.67 80.14
2021/01/06 0.18 0.22% 80.55 80.37
2021/01/05 1.22 1.53% 79.89 78.67
2021/01/04 0.87 1.10% 79.68 78.81
2021/01/01 0.12 0.15% 79.52 79.40
2020/12/31 0.60 0.76% 79.79 79.19
2020/12/30 0.71 0.90% 79.39 78.68
2020/12/29 0.39 0.50% 78.94 78.55
2020/12/28 0.42 0.53% 78.87 78.45
2020/12/25 0.40 0.51% 78.77 78.37
もっと見る

豪ドル円(AUD/JPY) 相関ランキング(22日)

豪ドル円(AUD/JPY)レートの動きと相関の強い指標のランキングです。 相関値が80%以上のもの(正相関)は豪ドル円(AUD/JPY)と似た動き、-80%以下のもの(逆相関)は、豪ドル円(AUD/JPY)と逆の動きを示します。 いずれも、豪ドル円(AUD/JPY)の動きの先行指標として参考にすることができます。
正相関
経済指標 相関値 終値 前日比
1. 上海総合指数 +89.8% 3,473 -133.68(-3.71%) 急落
2. 中国長期金利 +89.5% 2.70 -0.01(-0.37%)
3. NYダウ +86.0% 30,997 -179.03(-0.57%)
4. 米長期金利 +85.2% 1.11 +0.0320(2.9657%) 急伸
5. WTI原油先物 +80.1% 53.03 -0.23(-0.43%)
6. 豪ドル・ドル(AUD/USD) +78.0% 0.7714 -0.01(-0.66%)
7. 豪ASX指数 +66.5% 5,960 +21.7000(0.3654%)
8. 豪長期金利 +38.6% 0.88 +0.0000(0.0000%)
9. 金先物 +29.7% 1,870 +0.8000(0.0428%)
10. ドル円 +22.0% 103.76 +0.2700(0.2609%)
逆相関
経済指標 相関値 終値 前日比
1. 鉄鉱石先物 -57.3% 66.83 +1.2600(1.9216%) 急伸
2. ドルインデックス -29.0% 90.08 -0.35(-0.39%)