12日昼 円安 日経平均の上げ幅拡大で(ドル円短信)

2月12日(火)午前から昼にかけてのドル円FXレートは、年初来高値圏となる110.50円手前を、じり高(円安方向)に推移しています。

スポンサードリンク

日経平均上昇足がかりにじり高

昨日11日(月・日本祝日)から今日12日にかけ、欧州経済懸念によるユーロ安波及のドル買いに、米中通商協議再開への期待感からのリスクオンも伴い、ドル円FXレートは年初来高値となる110.50円台まで円安が進んでいました。

今日12日(火)の東京時間がスタートすると、円安を足がかりに日本株も堅調に推移しました。日経平均が前引けまでに400円以上の上昇となるや、こんどはこちらの株高進行がドル買い・円売りの支えとなり、レートのじり高展開を支える形となっています。

12:00現在のドル円FXレートは、110.46円まで戻し、いぜんじり高の展開が続いています。

111円までは抵抗厚いも円安基調か

今日午後には、特段の経済指標発表などは予定がないものの、米時間(日本時間13日2:45)にはパウエル米FRB議長の講演が予定されており、こちらで金利見通しについて触れられれば、材料となる可能性があります。

現在の基調としては、米中協議再開へ向け市場ではリスクオンが進んでいます。一方では英EU離脱など重荷も継続しており、111円までにはやや売りが厚いものの、110円台でどこまで上値を広げられるかが今日の焦点となりそうです。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.