14日夜 円安 上値重いなか111円上抜け(ドル円短信)

2月14日(木)午後から夜にかけてのドル円FXレートは、年初来高値圏となる111.00円を小幅に上回ったレンジで横ばいに推移しています。

スポンサードリンク

年初来高値更新も材料欠き上げ一服

今日のドル円は、スタートの110.90円台から17:50現在の111.06円まで、じり高に推移しています。

市場では、米中貿易交渉の進展期待からリスクオンの姿勢が強まっており、安全資産とされる円を売ってドルを買う流れが出ています。

今日の午後のドル円FXレートは、16時頃に111.13円の高値をつけたのち上げ一服となり、狭いレンジを横ばいに推移しました。

一方で、このところ続伸が続き円安の支えとなっていた日経平均株価は、今日は米中協議の進展見極め心理から小動きのすえ小幅反落となっており、積極的なドル買いの材料にはなりませんでした。

111円台中盤までは売り厚い

いぜん、111.00円から111.50円までのレンジでは売りが積み重なっており、きょう深夜のNY時間までは材料不足で上抜けが難しいとみられます。

ただ今夜NY時間の米PPI・雇用統計などが予想上振れったり、米予算関連での新材料が出れば、111円台中盤をめどにレンジが円安方向へ推移する可能性もあります。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.