今日(9日)のレンジ予想 ポンド円(GBP/JPY)(12/9 09:10更新)

ポンド円(GBP/JPY)の本日のレンジ予想です。各社の本日の最高値・最安値レンジ予想ををまとめ、その平均値を表示しています。

予想幅平均/日

149.28 - 151.02

更新時間 予想会社名 予想レンジ(円) 勝率 結果
09:10 F 149.50 - 151.00 66.8% »
07:20 D社 149.07 - 151.03 75.0% »
--:-- H ---.-- - ---.-- 75.9% »
--:-- R ---.-- - ---.-- 0% »

ポンド円見通し:下落続くも149円台の支持帯で反発か

6日 12:10更新

直近のポンド円は、1月半ばからの上昇トレンドが5月27日に156.07円で天井を形成して終了。次に下落に転じ、7月20日の148.45円まで下落した後は149~153円間でレンジを形成しました。10月に入ると反発が始まり、11日にはレンジの上方ブレイク後も上昇が続き、20日の158.21円が新たな天井となりました。しかしその後は反落して11月12日152.37円まで下落することに。一旦反発したものの26日の急落を契機に下落が再開しており、本日2日は149円台前半で取引が開始されました。

節目価格150円を目指して反発するのか、このまま下落が続き次の節目価格140円を目指すのか、今後の展開が注目されます。

↓↓↓
ポンド円とドル円、プロが注目するFX通貨の高値安値メドは?

149円台の支持帯での反発観測(↑)

本日6日に取引が開始された149円台は、4月以降複数回に渡り反発が生じた強い支持帯を形成しています。

強い支持帯のある149円台の到達により、短期的にポンド円は反発を見せる(↑)可能性があります。

↓↓↓
ポンド円とドル円はどうなる?今日の重要予想材料は?

止まらないポンドドルの下落(↓)

11月半ばよりポンドドルは安値更新を伴う下落が続いています。前取引日3日も安値を更新しており、日足は陰線を形成しました。

ポンド円の値動きに影響を与えるポンドドルの安値更新を伴う下落継続を背景に、中期的にポンド円も下落する(↓)可能性があります。

↓↓↓
FX市場を見渡せ!今日プロが注目の通貨ペアは?

下落が続く英長期金利(↓)

11月後半から英長期金利の下落が続いており、英10年債金利は節目価格1.0%を割れて、前取引日3日には0.7%台の本年春の水準まで下落しました。

ポンドの値動きに影響を与える英長期金利の下落を背景に、中期的にポンドが下落することでポンド円は下落する(↓)可能性があります。

↓↓↓
ポンド円?ドル円?プロ注目の通貨と高値安値メドは?

支持抵抗ライン

ポンド円は1月半ばからの上昇により、5月27日の156.07円が天井となりました。その後は7月20日の148.45円までの下落後に反発して、149~153円間でレンジを形成しました。10月に入ると上昇が続き、レンジの上方ブレイクに加えて天井も突破しています。しかし10月20日の158.21円が新たな天井となった後は反落して、11月12日に152.37円まで下落。一旦反発しましたが26日の急落を契機に下落を再開して、本日2日は149円台前半で取引が開始されました。

149円台にはテクニカル的な節目として、ピボットポイントR1~R3が149.65~149.81円に存在します。また5~20EMAが149.59~149.69円にあり、テクニカル的な節目が149.6円台で重なっています。

テクニカル的な節目が重なる149.6円台が抵抗帯となり下落が続くのか、という点が今後の焦点となります。

↓↓↓
プロ注目のFX通貨とレジサポラインは?詳細解説はこちら

ポンド円予想 関連経済イベント

6日(月) 11月建設業購買担当者景気指数(PMI)
10日(金) 10月月次国内総生産(GDP)、10月鉱工業生産・製造業生産指数

14日(火) 11月失業率他
15日(水) 11月消費者物価指数(CPI)
16日(木) イングランド銀行(英中銀)・金利発表他
17日(金) 11月小売売上高

22日(水) 7~9月期四半期国内総生産(GDP)

↓↓↓

9日のポンド円デイトレード戦略 テクニカル節目

9日のポンド円は、150.10付近で推移。

本日のポンド円相場に関し、現水準より上方では、150円台ミドルに移動平均線5 日が位置する以外はめぼしいテクニカル節目がなく、上値抵抗帯(レジスタンス)が希薄な状況。地合いによっては、150円台後半回復の可能性がある。

さらに上の150円終盤では、ピボットR1が位置する以外は主要なテクニカル節目がなく、上値抵抗帯が薄い。このため買いが強まった場合、151円台前半回復の可能性もあろう。

↓↓↓
今日の高値メドは?プロの予想はこちら

現水準より下では、150円台序盤にピボットPが位置し、心理的節目150.00と合わせて下値支持帯(サポート)を形成している。この価格帯では底固さが示されそう。

さらにその下の149円後半では、めぼしいテクニカル節目が存在せず、下値支持帯が希薄。地合いによっては、この水準を下抜ける可能性も考えられる。

↓↓↓

ポンド円 テクニカル売買シグナル日足

ポンド円 ピボットポイント日足

R3 152.02
R2 151.36
R1 150.71
PP(今日の中心値) 150.05
S1 149.40
S2 148.74
S3 148.09

今日のFX予想 ブログ

ドル円FX予想:懸念一巡、株高・原油高も支え 米時間に一段高か

8日のドル円は、新型コロナ変異型オミクロン株への懸念が一巡してドル買い戻しが強まっており、113.60付近で強含みの推移。また原油価格の持ち直しもドル高要因となっており、今夜米時間にはドル買い戻しが一段と進みそうだ。 ...

→全文を読む

ポンド円 ストップロス注文情報

150.80 ストップロス 買い
150.20 現在値(09:20時点)
149.80 ストップロス 売り
現在のポンド円市場で、ストップロス買い(上抜けで円安加速の予想)・ストップロス売り(下抜けで円高加速の予想)が厚い水準を表示。

予想レンジ判定チャート

ポンド円(GBP/JPY) 1日の変動幅データ

ポンド円(GBP/JPY) レートの1日ごとの変動幅(値幅)をグラフ化しています。今日のレートの変動幅を予想する際、このグラフの過去データを活用できます。
過去30日で平均変動幅は「1.22円」で、1.0円を超えていた日は「13日」あった
過去1ヶ月の時系列データにおける、1日あたりのレート変動幅の平均値や、最大値・最小値を表示します。今日の変動幅の予想に活用できます。
変動幅と変動率(集計期間:2021/11/09~12/08)
変動幅 変動率 記録日
平均 1.22 0.81% -
最大 3.08 2.03% 2021/11/26
最小 0.56 0.37% 2021/11/12

日次 時系列データ

日付 変動幅 変動率 高値 安値
2021/12/08 1.31 0.87% 150.69 149.38
2021/12/07 1.00 0.66% 151.11 150.11
2021/12/06 1.51 1.00% 150.59 149.08
2021/12/03 1.79 1.20% 150.75 148.96
2021/12/02 1.25 0.83% 150.78 149.53
2021/12/01 1.82 1.22% 151.42 149.60
2021/11/30 1.91 1.27% 151.62 149.71
2021/11/29 1.21 0.80% 151.89 150.68
2021/11/26 3.08 2.03% 153.67 150.59
2021/11/25 0.65 0.42% 154.05 153.40
2021/11/24 0.78 0.51% 154.14 153.36
2021/11/23 0.95 0.62% 154.21 153.26
2021/11/22 1.01 0.66% 154.04 153.03
2021/11/19 1.94 1.27% 154.44 152.50
2021/11/18 0.63 0.41% 154.26 153.63
2021/11/17 0.99 0.64% 154.72 153.73
2021/11/16 1.19 0.77% 154.17 152.98
2021/11/15 0.66 0.43% 153.27 152.61
2021/11/12 0.56 0.37% 152.92 152.36
2021/11/11 0.62 0.41% 153.00 152.38
2021/11/10 1.17 0.77% 153.73 152.56
2021/11/09 0.90 0.59% 153.62 152.72
もっと見る

ポンド円(GBP/JPY) 相関ランキング(8日)

ポンド円(GBP/JPY)レートの動きと相関の強い指標のランキングです。 相関値が80%以上のもの(正相関)はポンド円(GBP/JPY)と似た動き、-80%以下のもの(逆相関)は、ポンド円(GBP/JPY)と逆の動きを示します。 いずれも、ポンド円(GBP/JPY)の動きの先行指標として参考にすることができます。
正相関
経済指標 相関値 終値 前日比
1. ポンドドル +88.7% 1.3198 -0.00(-0.33%)
2. 米長期金利 +67.6% 1.47 +0.01(0.82%)
3. NYダウ +60.4% 35,755 +35.32(0.10%)
4. ユーロストックス50 +57.4% 4,233 -43.11(-1.01%) 急落
5. 英長期金利 +57.1% 0.70 +0.00(0.43%)
6. ドル円 +50.1% 113.70 +0.13(0.11%)
7. FTSE100 +39.8% 7,337 -2.50(-0.03%)
8. DAX +38.0% 15,687 +0.00(0.00%)
逆相関
経済指標 相関値 終値 前日比
1. ドルインデックス -60.2% 96.37 +0.04(0.04%)