今日(28日)のレンジ予想 ポンド円(GBP/JPY)(1/28 10:45更新)

ポンド円(GBP/JPY)の本日のレンジ予想です。各社の本日の最高値・最安値レンジ予想ををまとめ、その平均値を表示しています。

予想幅平均/日

153.57 - 155.24

更新時間 予想会社名 予想レンジ(円) 勝率 結果
10:45 F 153.50 - 155.50 66.9% »
07:20 D社 153.65 - 154.99 74.1% »
--:-- H ---.-- - ---.-- 75.0% »
--:-- R ---.-- - ---.-- 0% »

ポンド円見通し:英金利が高止まり、153円で反発確定か

27日 12:50更新

直近のポンド円は、10月20日の158.21円が昨年の最高値となったものの、12月3日には148.97円まで下落しました。しかし昨年4月から続く148~149円台の支持帯で大きく反発する形となり、12月後半から上昇を開始。最終的に1月5日157.76円まで上昇しました。その後はジリ安から本格的な下落に転じ、24日には152.90円まで下落しています。ただしその後は反発しており、本日27日は154円台前半で取引を開始しました。

反発が昨年の高値158.21円を目指す上昇につながるのか、反発は一時的となり153円を割れて12月安値148.97円を目指すのか、今後の展開が注目されます。

↓↓↓
ポンド円とドル円、プロが注目するFX通貨の高値安値メドは?

153円での反発観測(↑)

ユーロ円は1月24日の152.90円が直近安値となり反発しています。153円を一時的に割れたものの、153円で反発した形となりました。

153円で反発確定となり、短期的にユーロ円は上昇する(↑)可能性があります。

↓↓↓
ポンド円とドル円はどうなる?今日の重要予想材料は?

ジョンソン首相及び与党・保守党の支持率低下を嫌気(↓)

昨年のロックダウン下でのパーティー発覚によりジョンソン首相の支持率が急落しており、与党・保守党も支持率が労働党を下回る事態となりました。

ジョンソン政権及び与党・保守党の支持率急落による政権不安定化が嫌気され、短期的にポンドが売られることでポンド円は下落する(↓)可能性があります。

↓↓↓
FX市場を見渡せ!今日プロが注目の通貨ペアは?

英長期金利の高止まり(↑)

12月の利上げを契機に上昇した英長期金利は、上昇が一服したものの高止まりしています。英10年債金利は1.3%台到達後に1.1%台まで下落しましたが、再び1.2%台を回復しています。

ポンドの値動きに影響を与える英長期金利の高止まりを背景に、中期的にポンドが買われてポンド円は上昇する(↑)可能性があります。

↓↓↓
ポンド円?ドル円?プロ注目の通貨と高値安値メドは?

支持抵抗ライン

ポンド円は昨年4月から続く148~149円台の支持帯に支えられ、12月後半から急反発を見せました。最終的に1月5日の157.76円が直近高値となっています。しかしその後は反落し、1月24日には152.90円まで下落しました。ただし153円で反発する形となり、本日27日は154円台前半で取引を開始しています。

154円台前半にはピボットポイントR1~R3が154.13~154.39円に存在します。また5~20EMAが154.13~154.31円にあり、テクニカル的な節目が154.1~154.3円台の水準で重なっています。

テクニカル的な節目が重なる154.1~154.3円台の水準が抵抗帯となり反落するのか、という点が今後の焦点となります。

↓↓↓
プロ注目のFX通貨とレジサポラインは?詳細解説はこちら

ポンド円予想 関連経済イベント

1日(火) 1月製造業購買担当者景気指数(PMI)
3日(木) 1月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)、BOE金利発表他
4日(金) 1月建設業購買担当者景気指数(PMI)

11日(金) 12月月次・10-12月期四半期GDP、12月鉱工業生産、12月製造業生産指数

15日(火) 1月失業率他
16日(水) 1月消費者物価指数(CPI)
18日(金) 1月小売売上高

↓↓↓

週明け31日のポンド円デイトレード戦略 テクニカル節目

先週末29日早朝のポンド円は、154.40付近で越週。

週明け31日のポンド円相場に関し、現水準より上方では、154円台後半にピボットP、ピボットR1、一目均衡表 転換線が位置し、心理的節目155.00と合わせて上値抵抗帯(レジスタンス)を形成。この価格帯では値動きが限定される可能性がある。

さらに上の155円前半では、一目均衡表 基準線、ピボットR2が位置する以外は主要なテクニカル節目がなく、上値抵抗帯が薄い。このため買いが強まった場合、155円台後半へ上抜ける可能性もあろう。

↓↓↓
今日の高値メドは?プロの予想はこちら

現水準より下では、154円台前半にフィボナッチ 38.2% 戻し、移動平均線5 日、ピボットS1が集積し、心理的節目154.00と合わせて下値支持帯(サポート)を形成している。この価格帯では底固さが示されそう。

さらにその下の153円後半では、移動平均線90 日、ピボットS2、一目均衡表 先行スパン2が集積して下値支持帯を形成。当面は、この価格帯が下値を支えそうだ。

↓↓↓

ポンド円 テクニカル売買シグナル日足

ポンド円 ピボットポイント日足

R3 155.74
R2 155.35
R1 154.87
PP(今日の中心値) 154.48
S1 154.00
S2 153.61
S3 153.13

今日のFX予想 ブログ

週明けのドル円:底堅さ意識 FOMC後には115円トライの見方も

先週(17-21日)のドル円は下落。米金融引き締め警戒で米株安が強まり、リスク回避の円買いが優勢だった。とはいえ節目水準113.60付近を下抜けることなく越週しており、底堅さも意識される。今週はFOMC後のドル買い戻し余地に関心が集まっている。 ...

→全文を読む

ポンド円 ストップロス注文情報

155.00 ストップロス 買い
154.20 現在値(18:40時点)
154.00 ストップロス 売り
現在のポンド円市場で、ストップロス買い(上抜けで円安加速の予想)・ストップロス売り(下抜けで円高加速の予想)が厚い水準を表示。

予想レンジ判定チャート

ポンド円(GBP/JPY) 1日の変動幅データ

ポンド円(GBP/JPY) レートの1日ごとの変動幅(値幅)をグラフ化しています。今日のレートの変動幅を予想する際、このグラフの過去データを活用できます。
過去30日で平均変動幅は「1.12円」で、1.0円を超えていた日は「13日」あった
過去1ヶ月の時系列データにおける、1日あたりのレート変動幅の平均値や、最大値・最小値を表示します。今日の変動幅の予想に活用できます。
変動幅と変動率(集計期間:2021/12/30~01/28)
変動幅 変動率 記録日
平均 1.12 0.72% -
最大 2.07 1.32% 2022/01/04
最小 0.50 0.32% 2022/01/07

日次 時系列データ

日付 変動幅 変動率 高値 安値
2022/01/28 0.87 0.56% 154.95 154.08
2022/01/27 0.89 0.58% 154.70 153.81
2022/01/26 1.20 0.78% 154.72 153.52
2022/01/25 0.90 0.59% 154.00 153.10
2022/01/24 1.58 1.03% 154.47 152.89
2022/01/21 1.33 0.86% 155.22 153.89
2022/01/20 0.92 0.59% 156.05 155.13
2022/01/19 0.86 0.55% 156.22 155.36
2022/01/18 1.43 0.92% 156.89 155.46
2022/01/17 0.90 0.58% 156.70 155.80
2022/01/14 1.17 0.75% 156.61 155.44
2022/01/13 1.14 0.73% 157.44 156.30
2022/01/12 0.96 0.61% 157.70 156.74
2022/01/11 1.13 0.72% 157.30 156.17
2022/01/10 1.42 0.91% 157.36 155.94
2022/01/07 0.50 0.32% 157.17 156.67
2022/01/06 1.39 0.89% 157.46 156.07
2022/01/05 1.19 0.76% 157.75 156.56
2022/01/04 2.07 1.32% 157.41 155.34
2022/01/03 1.04 0.67% 155.91 154.87
2021/12/31 1.02 0.66% 156.00 154.98
2021/12/30 0.75 0.48% 155.65 154.90
もっと見る

ポンド円(GBP/JPY) 相関ランキング(28日)

ポンド円(GBP/JPY)レートの動きと相関の強い指標のランキングです。 相関値が80%以上のもの(正相関)はポンド円(GBP/JPY)と似た動き、-80%以下のもの(逆相関)は、ポンド円(GBP/JPY)と逆の動きを示します。 いずれも、ポンド円(GBP/JPY)の動きの先行指標として参考にすることができます。
正相関
経済指標 相関値 終値 前日比
1. ポンドドル +85.9% 1.3399 +0.00(0.13%)
2. FTSE100 +72.9% 7,466 -88.20(-1.17%) 急落
3. ユーロストックス50 +69.4% 4,137 -48.06(-1.15%) 急落
4. ドル円 +64.7% 115.23 -0.14(-0.12%)
5. 米長期金利 +51.1% 1.82 -0.03(-1.62%) 急落
6. NYダウ +47.8% 34,725 +564.69(1.65%) 急伸
逆相関
経済指標 相関値 終値 前日比
1. ドルインデックス -35.4% 97.25 +1.30(1.35%) 急伸
2. DAX -6.2% 15,319 +0.00(0.00%)
3. 英長期金利 -1.9% 0.70 +0.00(0.43%)