今日(13日)の予想解説 ドル/円(USD/JPY)

【11月13日 ドル円予想と根拠】今夜のパウエルFRB議長証言、米CPI発表とともに期待感浮上

今日までのFX市況を、ドル円予想レポート有料版の予想結果と照らし合わせて解説、また今日13日(水)のドル円相場予想を行います。

今日までの市況 ダイジェスト

昨日12日(火)のドル円相場は、日経平均の上昇に後押しされて高値109.29円まで上昇したのち、トランプ米大統領講演での米中交渉見通し悪化が重しとなって安値108.93円まで反落しました。


(USD/JPY ~11月13日、15分足)

株高で買い先行も米中期待一服で反落

昨日のドル円は、東京時間に109.05円で始まったのち、前日の米株高が支えとなった日経平均の上昇に後押しされて、高値109.25円まで上昇しました。

しかしその後のロンドン時間は新材料を欠きもみ合いとなり、続くNY時間には、トランプ米大統領が経済会合講演にて対中関税追加を示唆したことで市場心理が悪化、安値108.93円まで反落、そのまま安値圏で今日の取引へと渡りました。

こうしたなか、昨日のアナリスト予想集計結果では、米株
上昇での円安地合い
のなか、NY時間にはトランプ経済会合講演での対中強硬発言があり米の対中関税撤廃期待が後退することで円高が強まるとの予想が優勢であったことが、きのう配信のドル円アナリスト予想まとめレポート有料版で指摘されており、こちらが的中する結果となっています。

今日のドル円予想と主要材料

今日のドル円相場では、今夜発表の米消費者物価指数(CPI)の結果と、そちらを受けてのパウエル議会証言での利下げ観測が、大きな材料としてアナリストらから高い注目を集めています。

米CPI後はじり安との市場予想

今夜は、重要な景気指標である米・消費者物価指数(CPI)の発表が予定されていますが、現在のところの市場予想では前回と同水準の小幅上昇と見られています。

この市場予想どおりであった場合は、今後の米利下げ観測にも大きな変化はなく、ドル円レートも「事実で売り」との格言通り、発表後には円高方向へ頭重く推移しそうです。

パウエルFRB議長発言で一挙円安の見方

ただ今夜には、続いてパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会発言も予定されており、こちらの内容に注目する必要があります。

パウエルFRB議長は、今年すでに3回連続の利下げを行っており、市場では今後の米利下げはいったん休止との見方も出ていますが、仮に今夜の米CPIが市場予想を下振れれば、パウエル議会発言で今後の利下げ可能性について前向きな内容が示される可能性があり、そうなれば、ドル円の大きな下落(円高)材料となります。

ただ、CPIが予想を上振れるなどの結果となれば、パウエル発言も「当面の利下げは不要」との内容が強調され、結果ドル高要因となって大きな円安の動きを生む、とのアナリスト予想も出てきています。

今夜の日本時間 22:30 以降に発表の米CPIやパウエル証言に関し、FXアナリストの間で円安予想と円高予想のどちらが多いかを集計した結果は、本日配信分のドル円アナリスト予想まとめレポート有料版にてご確認ください。

今週の経済イベント見通し

このほかにも、今週は重要な経済指標発表や経済イベントが多く控えています。これらも、結果が景気見通し改善につながれば米利下げ観測後退で円安、悪化なら米利下げ観測増で円高の可能性が強まるため、ドル円材料として市場から強い関心が注がれています。

13日(水) 米・CPI、パウエル議長発言、月次財政収支
14日(木) 米・PPI、パウエル議長発言
15日(金) 米・NY連銀景気指数、小売売上高、鉱工業生産

これらが何日の何時ころに材料視され、それぞれが円安・円高のどちらに影響する見込みか、FXアナリストらの事前予想を集計し、最も優勢なドル円アナリスト予想を解説するレポートは、こちらからご購読いただけます。

↓↓↓

ドル円予想レポート(有料版)購読はこちら