上海総合指数 データ

上海総合指数 (15日 16:04)

2,568.09-38.82(-1.49%)

始値 2,586.26 前日終値 2,606.91
安値 2,565.26 高値 2,595.57
25日移動平均75日移動平均
  • 表示期間 |
  • 1日
  • 5日
  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 長期 »

過去の高値

52週 高値 (10/15) 3,587.03
52週 安値 (10/15) 2,536.67
史上最高値 (2015/06/12) 5,166.35

現在の高値・安値比 騰落率

52週 高値からの現在下落率 (16:04) 28.41%
52週 安値からの現在上昇率 (16:04) 1.24%
市場最高値からの現在下落率 (16:04) 50.29%

日経平均株価との相関

日経平均株価(15:00)

22,271.30

-423.36(-1.87%)

日経との相関値 (7/24) +63.51% -1.53%

上海総合指数と日経平均の相関値(終値)

 

上位構成銘柄 値上がり額ランキング トップ5(10/13 7:10)

銘柄 終値 前日比%
1 中国平安保険(集団) 73.70 +1.60
(+2.22%)
2 万科企業 21.80 +0.88
(+4.21%)
3 中国神華能源 18.48 +0.66
(+3.70%)
4 招商銀行金融 29.25 +0.65
(+2.27%)
5 興業銀行 15.33 +0.31
(+2.06%)

マーケット

日経平均株価

22,271.30

-423.36(-1.87%)

チャート » データ »
ハンセン指数(15日 17:08)

25,411.02

-390.47(-1.51%)

深セン指数(12日 00:00)

1,281.08

-15.28(-1.18%)

ドル中国元(15日 21:17)

6.92

0.00(0.00%)

NYダウ(13日 06:01)

25,339.99

+287.16(+1.15%)

チャート » データ »
韓国総合指数(15日 18:03)

2,145.12

-16.73(-0.77%)

RTS指数(ロシア)(12日 00:00)

0.00

0.00(0.00%)

上海総合指数の情報

上海総合指数/A株市場・B株市場との関係

中国株の代表的な株価指数として知られる上海総合指数ですが、組み入れられている株式銘柄は、大きくA株銘柄B株銘柄の二つに分けることができます。

A株市場は国内向け、B株市場は海外向け

中国本土には、上海証券取引所と深セン証券取引所という、二大証券取引所が存在ます。そして、これらの証券取引所で取引される株式には、「A株」と「B株」の2種類があります。
どちらも、中国国内で上場された全く同じ銘柄についての全く同じ額面・同じ権利の株式となりますが、それを取引するのが中国国内投資家(A株)か、それとも海外投資家か(B株)で区別して扱われます。

A株市場

中国の国内投資家専用の中国人民元建て市場(中国A株市場)で取引されるのが、A株です。
A株市場に上場する銘柄数は1204社(上海708社、深セン496社)あり、時価総額はそれぞれ、上海A株が38兆円、深センA株が19兆円となっています。

B株市場

主に海外投資家向けに、米ドルや香港ドル建てで取引されるのが、B株です。

B株の取引される市場(中国B株市場)は、上海株なら米ドル建て、深セン株なら香港ドル建てとなります。もとは海外投資家専用でしたが、2001年2月以降は、中国国内投資家にも開放されています。
B株市場の銘柄数は110社で、うちわけは上海54社・深セン56社です。時価総額はそれぞれ、上海B株が7000億円、深センB株が5000億円です。
もし日本に住む私達が中国株を取引しようとする場合は、中国B株市場での取引となります。

時価総額はA株市場が圧倒的に大きい

A株市場とB株市場では、時価総額に極めて大きな差があります。

例えば上海市場のA株銘柄は時価総額約38兆円、対してB株銘柄は7000億円で、A株はB株の50倍を上回る資金が流れ込んでいます。これは、中国株の主要な投資家が、もっぱら中国の国内投資家であり、その多数派の取引の舞台がA株市場だからです。

一方、わたしたちのような海外投資家から見れば、中国株は情報が見えにくく、また当局の政策次第で大きく業績が左右するなど、不安材料の多さから、取引がしにくい市場と言えます。となると、B株市場にはあまり資金が流入せず、また騰落もふらつきやすくなります。
このように、資金の流入量でA株市場はB株市場を圧倒的に上回ることになります。なお、同様の理由から、同じ銘柄でもB株市場よりA株市場のほうが株価が高いのが一般的です。

A株とB株の総合が「上海総合指数」

A株とB株には、それぞれに「上海A株指数」および「上海B株指数」という株価指数が存在します。そして、それらとは別に、A株とB株を総合した株価指数が、上海総合指数です。
その名の通り、いずれも上海証券取引所で取引されるA株、およびB株の動きを追う指数です。構成銘柄はA株市場・B株市場のすべて銘柄であり、加重平均で指数値が算出されています。

なお、深セン証券取引所のA株・B株についても、深センA株指数・深センB株指数・深セン総合指数という株価指数があります。