銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

株価(10/22)834.0 +7(0.85%)

  • 業績適正株価 581

明和産業 情報

続伸続落 上昇1日目
PER(予想) 17.41
PBR(実績) 1.01
PSR 0.26
配当利回り 13.79%
自己資本比率 49.2%
時価総額 348億4500万

明和産業 チャート

事業内容

  • 中国での潤滑油販売も強く、炭素製品、難燃助剤などでシェアの大きい。化学品、樹脂を主に取り扱う中堅。

明和産業 四半期決算

経常利益 適正株価
2021年3月期実績 17億9400万円 483
2022年03月期業績予想(会社) 26億円 608
期中市場評価 24億8200万円 581

指数との騰落率比較

明和産業 日経
平均
TOPIX マザーズ ジャスダック
1ヶ月 -28.23% -3.47% -2.02% -1.38% -3.02%
3ヶ月 77.45% 4.56% 5.14% -2.26% 1.68%
6ヶ月 76.69% 1.04% 4.15% -9.33% 0.93%
1年 100.00% 21.85% 23.61% -11.68% 9.05%

今日の株式相場

早朝の日経先物は下落 東京市場は売り先行か :日経平均予想

22日早朝の日経平均先物は、前日比ー200円の2万8530円となり下落。前日の米国株が史上最高値付近から利益確定の売りに押され下落しており、この流れを引き継いで日経先物も売られました。

とはいえ、企業決算が好調で景気回復見通しが強まるなか、ハイテク株は買われてナスダック株価指数は上昇。また自動車や自動車部品も上昇しています。

早朝のADR日本株では、ファストリ任天堂が下落し相場の重荷となっている一方、ソニーGは上昇、また経済再開の恩恵が大きい資生堂コマツは上昇しており、明暗が鮮明。

なお投資の森「成長株レポート有料版」(→詳しくはこちら)掲載銘柄では、やはり経済再開の恩恵が大きい居酒屋チェーンのかんなん丸などが昨日の東京市場で上昇。かんなん丸は掲載後約2ヶ月で+105.2%の株価上昇となっています。 ...

→全文を読む

卸売業 競合比較

上昇余地
長瀬産業(8012) -0.52%
昭光通商(8090) -20.40%
稲畑産業(8098) 2.59%

同業種卸売業 株価上昇率 トップ20

銘柄名称 上昇率 株価
1 7426 山大 +12.93% 1,502
2 9914 植松商会 +7.76% 778
3 9812 テーオーホールディングス +6.98% 337
4 3180 ビューティガレージ +5.71% 4,070
5 7686 カクヤスグループ +3.99% 2,190
6 8131 ミツウロコグループホールディングス +3.84% 1,433
7 8275 フォーバル +3.83% 1,140
8 9896 JKホールディングス +3.76% 856
9 3374 内外テック +3.75% 2,933
10 8140 リョーサン +3.29% 2,320
11 8052 椿本興業 +3.11% 3,810
12 2750 石光商事 +3.10% 598
13 3157 ジューテックホールディングス +2.93% 1,126
14 2760 東京エレクトロン デバイス +2.80% 7,340
15 3143 オーウイル +2.59% 1,188
16 2689 オルバヘルスケアホールディングス +2.23% 1,603
17 7477 ムラキ +2.09% 1,317
18 7555 大田花き +2.00% 764
19 3079 ディーブイエックス +1.94% 1,104
20 7461 キムラ +1.85% 550

競合比較 チャート

競合比較する

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

    明和産業(8103)

    834.0円 348億4500万 17.41 3.70% 49.2% 13.79%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    長瀬産業(8012)

    1,905円 2369億9800万 11.40倍 5.90% 51.50% 2.41%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    昭光通商(8090)

    -円 89億5000万 2.60倍 21.80% 23.40% 0.00%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    稲畑産業(8098)

    1,702円 1080億7600万 7.20倍 8.60% 49.20% 3.70%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)