2017年1月11日更新トランプ氏、1月11日に大統領選勝利後初の記者会見

ニューヨークで行われる記者会見の時間は、日本時間の1月11日25時(現地時間1月11日16時)からと思われます。 ロイターやCNNが日本時間1月12日(木)午前1時から生中継を予定しています。

CNN 生放送
ロイター 生放送(ニコ生)

2017年1月11日更新トランプ大統領就任の日本への2つの影響

大きな影響としては「TPP(環太平洋経済連携協定)からの離脱」「駐日米軍」でしょう。アメリカのTPP離脱となると、日本の輸出企業にはマイナスに働く可能性が高く、株価へもマイナスの影響が出る可能性があります。

2016年11月14日更新トランプ大統領誕生からその後の動き

米大統領選で勝利した共和党のドナルド・トランプ氏。日本への影響も懸念される中、トランプ大統領誕生からその後の動きを追加しました。

トランプ大統領誕生までの日経平均とドル円の動き

ドル円の動きは英国のEU離脱(ブレグジット)時とよく似た動きを見せています。
米大統領選当日(2016年11月8日)の朝まで、クリントン氏優勢が伝えられており「円安」になっていますが、その後トランプ氏優勢の情報が入ると大きく「円高」の動きをみせています。
トランプ大統領決定前に底値となり、その後持ち直して「円安」に推移しています。

また、日経平均の動きとしては、当初上昇していた日経平均がトランプ氏優勢の情報が入った途端下落、底値は前日終値より1000円以上下落しました。終値としては-919.84円です。

トランプ大統領発言

大統領立候補表明演説

「わが国は深刻な事態に陥っています。米国はもはや負けてばかりです。以前は勝っていましたが、今は違います。米国が最後に勝ったのはいつのことでしょうか――強いて言えば、中国と貿易協定を結んだときでしょうか。米国は中国のせいで破綻しています。私はつねに中国をたたいています。ずっとです。米国が日本に勝ったためしがあるでしょうか? 日本は何百万台単位で(米国に)自動車を送り込んで来ますが、それに対して米国はどう対処しているでしょうか。東京をシボレーが走っているのを最後に見かけたのはいつでしょうか。皆さん、シボレーは消えたのです。米国は日本にやられてばかりなのです」

米国が日本と軍事同盟を結ぶ必要性について

「米国が日本と結んでいる条約は興味深い。なぜなら米国がどこからか攻撃されても、日本には米国を助ける義務はないのだから。それでいて、もし日本がどこからか攻撃されたら、米国は日本を守らなければいけない。そんな取引を米国はしているのだ」

【米大統領選】トランプ氏とクリントン氏の州別勝敗地図

米大統領選のトランプ氏とクリントン氏が獲得した州を地図であらわしています。(※2016年11月9日20時時点の予想も含む)

州別勝敗地図

2016年11月13日現在 トランプ大統領抗議デモマップ

トランプ大統領に抗議するデモが全米で行われています。日本時間2016年11月10日現在のデモマップです。

トランプ大統領抗議デモマップ

ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスといった大都市で現在抗議デモが行われているが トランプ氏が抗議デモに対して「非常に不公平だ!」とtwitterでつぶやいた

スポンサードリンク

トランプ大統領誕生のリスク

トランプ氏が大統領になると政策の不透明感から当初は大幅な円高株安になるリスクがあります。

トランプ大統領誕生の3つのリスク

1つ目は、トランプ氏は、「メキシコとの国境に壁を築き、その費用をメキシコに払わせる」や「イスラム教徒の入国禁止」など様々な暴言を吐いてきましたが、実際にトランプ氏が大統領になった場合に発言したことを政策として実行する可能性があります。メキシコとの外交関係の悪化やイスラムの人の入国禁止によるテロへの発展などのリスクがあります。
滅茶苦茶な政策を実行に移すことによってアメリカの外交・経済にマイナスに働くことでしょう。

2つ目は、経済政策です。現在トランプ氏は、所得税・法人税の大幅減税を政策としております。
減税をすれば当然アメリカの歳入が大幅に減りますが、トランプ氏は、規制緩和で歳入が増えると主張しておりますが、それができない場合は、減税によりGDPが縮小し、350万人の失業者が出るとの試算もあります。アメリカ経済の冷え込みから世界的な景気後退に陥る可能性があります。

3つ目は、軍事的なリスクです。トランプ氏は、日本に対して、日本が攻撃されたときはアメリカは守らなければならないが、アメリカが攻撃されたときに日本が守る必要がないと発言しており、各国独自での防衛を促し同盟国やNATOから遠ざかる政策を掲げています。 この場合は、中国、北朝鮮などの軍事的な自由を拡大して世界的な安全に不安感が増大する可能性があります。

トランプ大統領誕生のドル円への影響

トランプ氏は、ドル安誘導・低金利政策を掲げていますので、日本にとっては、円高が進み、企業業績が悪化して株安になる可能性が高いです。
アメリカでも行き過ぎた低金利はインフレをもたらし、株の大暴落を促す可能性もあり、ドル安誘導への悪影響が懸念されています。

トランプ大統領誕生のリスクまとめ

トランプ氏が大統領になった場合のリスクとは、「何が起こるかわからない」という不透明感が一番だと思われます。
現時点で分かっているリスクも多々ありますが、トランプ氏の今までの暴言や行動では、先が読めず、予想だにしない政策や発言をして惑わす可能性が高いです。
マーケットは、予想できるリスクには備えることができますが、不安感が増すことによって株や為替にマイナスに働く可能性が高いです。

トランプ大統領誕生関連ニュース

2018/05/23
トランプ大統領:日本、中国と韓国、北朝鮮を「偉大にする」ため協力及び投資する用意がある=ロイター | Sputnik 日本
2018/05/22
トランプ大統領のiPhoneにハッキング懸念〜“愛着”から交換を拒否か ... | iPhone Mania
2018/05/22
ペンス米副大統領、北朝鮮に警告 トランプ氏を「手玉に取る」べきでない | BBCニュース
2018/05/22
ジュリアーニはトランプの切り札なのか、それとも刺客なのか? | Newsweekjapan
2018/05/22
政治的な恥になる? トランプ大統領が、米朝首脳会談の開催を迷っている | BUSINESS INSIDER JAPAN
2018/05/22
「トランプ的」を競い合う米共和党の議員候補たち 古森義久 | 産経ニュース
2018/05/22
米財務長官がトランプ大統領に最新報告-中国の対米投資巡る懸念で ... | ブルームバーグ
2018/05/22
焦点:まひ状態のWTO裁定機能、トランプ氏が「首固め」 | ロイター
2018/05/22
日本の未来がかかる米朝会談トランプ大統領の本心に迫る! 書籍『守護霊インタビュー トランプ大統領の決意』発刊 | ValuePress! (プレスリリース)
2018/05/22
トランプ大統領を翻弄するのは「大きな間違い」米国が北朝鮮に警告 | livedoor
Copyright(c) All Rights Reserved.