銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

シノケングループ(8909)空売り

株価(1/26)953.0 +3(0.32%)

空売り

過去1ヶ月に空売りなし

空売りチャート

計算日 空売り機関 残高比率 増減率差 残高数量 増減量
直近データがありませんでした
1/26(水) 17:11
日経平均予想:神経質な動き 一部銘柄はFOMC後に買い場の声も

26日の日経平均はー120円安の2万7011円となり続落。今夜結果が判明するFOMC(米金融政策決定会合)で金融引き締め観測が強まるとの懸念から、リスク回避の売りが優勢だった。

ファナックなどハイテクやファストリといった主力株が下落。KDDIも安かった。一方で鉱業の住友金属鉱山や鉄鋼のジェイエフイーが上昇。日本株有料レポート掲載銘柄では、金属・鋳造のJMCが上昇(掲載後1ヶ月で+26.2%)。

→有料版レポート:今が仕込み時の業績期待5銘柄とは?

■神経質な動き 一部銘柄はFOMC後に買い場の声も

日経平均は本日終値で1年1ヶ月ぶりの安値を更新した。本日米時間のFOMC(米金融政策決定会合)で金融引き締めの方向性が強まる可能性があることから、結果確認を前に持ち高を縮小しておこう、というポジション調整の売りが広がった。

相場は通じて神経質な動きだった。前場に下落したハイテクは米株指数先物の持ち直しを背景に押し目買いが入った。とくに半導体は東京エレクトロンが下落した一方でアドテストなどが上昇と、リスク回避の売りと短期筋による買いが交錯した。

米国では物価上昇(インフレ)が続いており、インフレ抑制には景気を冷やすしかない。昨年までの金融緩和によって企業業績が押し上げられている今の状況なら、景気を冷やしても企業は持ちこたえうる、というのがFRBの言い分だろう。

しかし ...

→全文を読む

投資の森に掲載されている各種情報は、情報取得元各社より提供を受けた情報が含まれております。できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありません。
なお、掲載されている情報の誤りを発見された場合は、お手数ですが、以下の報告フォームより通知いただけますようお願いいたします。 ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。