銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

  • インバース商品

NEXTFUNDS日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)暴落

(4/15)

145.00

+3.00(2.11%)

現在の下落率

下落率 -91.3%
暴落判定 大暴落
下落期間 1488日
直近高値(2020/3/19高値) 1,674.00

暴落(過去5年)

平均下落率 -91.94%
最小-最大下落率 -91.94 〜 -91.94%
平均下落期間 1464.0日
最短-最長下落期間 1464 〜 1464
下落回数 1回

大型調整(過去5年)

平均下落率 -
最小-最大下落率 -
平均下落期間 -
最小-最大下落期間 -
下落回数 -

暴落チャート・調整チャート(5年)

大型調整 暴落
高:直近高値 下:下落率

暴落・調整データ(5年)

判定 底値日 下落率 下落期間 底値
2024/03/22 -91.9% 1464日 135.00

過去の暴落データ

出来事 下落率
コロナショック 82.66%
チャイナショック 13.65%
リーマンショック -
ITバブル -
4/15(月) 17:30
日本株予想:軟調地合い鮮明 ディフェンシブは買い仕込みか

15日の日経平均はー291円の3万9232円となり反落。

個別銘柄では、

2024年は日本株が躍進、期待の銘柄は? 有料版レポート閲覧はこちら

今月の日経平均は前日までの下落幅がー846円と売り地合いであったが、15日の東京株式市場は反落と、地合いの弱さを引き継いで伸び悩んだ。

米株式市場が前営業日に売り優勢となっており、頭重いムードが日本株にも波及した。米国で長期金利が上昇しており、株式は先安感の意識されやすい状況だった。とくにPERの高い銘柄は割高感から売りが警戒された。の、のなどが軟調な推移。一方、金利上昇により利ざや増が想起される銀行株などは底堅さも見られた。のなどが上昇、また割安ななども買いの入る場面が見られた。

金融市場では日米金利差の拡大に関心が集まっており、円安圧力の強まりが想起される状況。目先の相場見通しについては ...

→全文を読む