銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

因幡電機産業(9934)

(3/1)

3,530.0

-5.00(-0.14%)

  • 業績適正株価 3,921円

事業内容

  • 自社製品売上比率は2割超の、電線・配線器具等を扱う独立系商社。電設資材で首位を誇る。

株価天気予報

続伸続落 続落2日目
PER(予想) 13.80
PBR(実績) 1.27
PSR 0.63
配当利回り 3.40%
自己資本比率 61.3%
時価総額 1991億5900万

チャート

  • 1ヶ月
  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 1年
  • 5年
  • 10年
  • 全期間

適正株価

適正株価 上昇余地
3,921円 +391円(+11.1%)

指数との騰落率比較

因幡電機産業 日経
平均
TOPIX グロース市場250 ジャスダック
1ヶ月 1.15% 9.99% 6.92% 8.71% -0.29%
3ヶ月 5.69% 19.18% 13.72% 8.97% -7.02%
6ヶ月 10.14% 22.35% 15.31% 0.66% -13.20%
1年 24.73% 45.42% 35.62% 2.45% -13.07%
日本株予想:地合い強い 機械など改善期待も

1日の日経平均は+744円の3万9910円となり3営業日ぶり反発。

個別銘柄では、川崎汽船や日本製鋼所などが買われたほか、ルネサスエレクトロニクス、ネクソン、三菱地所などが上昇した。

2024年は日本株が躍進、期待の銘柄は? 有料版レポート閲覧はこちら

先月の日経平均は+3154円と買い地合いであったが、1日の東京株式市場は反発と、地合いの強さが引き継がれ、堅調な展開をたどった。

前営業日の米株式市場が上昇しており、日本株の一角でも買いの先行する場面が見られた。海運業の川崎汽船や加地テックなどが上昇。また機械の日本製鋼所やも堅調な展開となった。米長期金利が下落するなか株式は買われやすさが想起され、その他金融業のネットプロテクションズホールディングスなどが上昇、このほか高PERな銘柄も買い圧力が意識された。

市場参加者の一部は日米金利差の縮小に関心を寄せており、こちらを材料に外為市場でドル売り・円買いが出れば、輸出株などの頭重さに影響する可能性もある。週明けは引き続き ...

→全文を読む

卸売業 競合比較

上昇余地
競合リストがありません

同業種卸売業 株価上昇率 トップ20

銘柄名称 上昇率 株価
1 2743 ピクセルカンパニーズ +35.48% 84
2 9812 テーオーホールディングス +17.94% 526
3 8123 川辺 +14.77% 1,562
4 7426 山大 +11.43% 3,705
5 8072 日本出版貿易 +10.08% 2,860
6 2760 東京エレクトロン デバイス +9.57% 7,900
7 2767 フィールズ +6.35% 1,624
8 7609 ダイトロン +5.42% 3,210
9 9972 アルテック +5.30% 278
10 9268 オプティマスグループ +5.12% 3,900
11 7670 オーウエル +4.18% 1,047
12 3150 グリムス +4.08% 2,115
13 9265 ヤマシタヘルスケアホール... +3.99% 2,477
14 7525 リックス +3.93% 3,970
15 8125 ワキタ +3.45% 1,588
16 8136 サンリオ +3.03% 8,643
17 2737 トーメンデバイス +2.85% 5,780
18 7417 南陽 +2.81% 2,668
19 2750 石光商事 +2.54% 1,010
20 2751 テンポスホールディングス +2.49% 3,500

競合比較 チャート

競合比較する

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

    因幡電機産業(9934)

    3,530.0円 1991億5900万 13.80 10.60% 61.3% 3.40%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)