銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

越境EC 関連銘柄(8/10)

過去30日 株価変動率

銘柄名称 株価 1週間比 1ヶ月比 前日比% 配当
1 4751 サイバーエージェント 1,455 +6.91% +7.06% -0.68% 0.96%
2 9983 ファーストリテイリング 82,780 +2.70% +21.27% -2.74% 0.75%
3 4911 資生堂 5,490 +1.93% -1.12% -0.09% 1.82%
日本株予想:国内市場の買い根強い 好決算受け心理に明るさ

8日の日経平均は+73円の2万8249円となり4日続伸。国内企業の好決算が続くなか、これから決算発表を控える銘柄に先回りの期待買いも入って相場を押し上げた。

個別銘柄では、日本板硝子やフジクラなどが買われたほか、スズキ、三井E&Sホールディングス、第一三共などが上昇した。当社配信の上昇期待銘柄レポートでは、情報・通信のガーラなどが上昇。ガーラは掲載後3ヶ月で272.3%の上昇となった。

→今が仕込み時の業績期待銘柄とは? 今週も特集記事を配信! レポート有料版はこちら

■国内市場の買い根強い 好決算受け心理に明るさ

前週末には米株式市場でハイテク株が売られ、週明けとなる本日の日本株市場も安く始まった。しかし次第に買いに勢いがつき、午後には上げ幅が+100円に達する場面も見られた。

日経平均は最終的に上値をやや縮小した+73円で終えたとはいえ、上値縮小は高値圏で好決算銘柄に利確売りが入った結果だ。こうした銘柄は決算発表を受けてすでに大きく買われていたものも多かったため、本日の上げ渋りは相場心理の弱さというより、日本株市場がもう一段の上昇へ向かうための助走と見ることができそうだ。

とくに相場をけん引したのが、本日大引け後に決算発表を控え好業績期待の出ていた ...

→全文を読む

■人気テーマ